ママの悩み

育児のストレスで夫に八つ当たり!役立たずの夫が協力的になるヒント

世間では育児を積極的にする夫を「イクメン」と言いますよね。

 

それは、裏を返せば育児を積極的にする夫が少ないことを意味しています。

 

自分の夫が家のことを何もしてくれないことを悩んでいませんか?

 

または、

 

育児を手伝わない夫にイライラして、八つ当たりしてしまった経験はありませんか?

 

そんな夫を積極的に手伝ってもらえる方法があります!

 

それはかつての日本海軍軍人である山本五十六の言葉に従うことです!

 

「やってみせ、言ってきかせて、させてみせ、誉めてやらねば人は動かじ」

 

を心に刻み実行してみてください。

 

きっと道が開けることでしょう。

 

育児で夫が役に立たないときはどうする?

ワンオペでは育児に専念して、家事まで手が回らないですよね。

 

特に子どもがハイハイしだすと育児でいっぱいいっぱい。

 

それでも夫は「仕事して疲れてる」とか「家のことは妻の仕事」と言って全然動かなくてイライラがつのり夫に八つ当たり、なんてことも。

 

夫が動きたがらない原因は色々あると思います。

 

例えば以下のようなことがあげられます。

 

  • 家事育児の大変さが分かっていない
  • 仕事と家事育児で分担できていると思っている
  • やり方を覚えるのが面倒
  • 育児よりも趣味を優先したい

 

夫が手伝わないときは、怒るか自分でやり遂げるか、最悪の場合は離婚を考える人がほとんどだと思います。

 

残念ながらこの先待っているのは、ワンオペの日々です!

 

育児で夫が役に立たないときには、怒ったりとりあげたりせずに、根気よく教えるしか道はありません。

 

それだったら自分でやったほうが楽だと思うでしょう。

 

最初は自分でやったほうが早いし楽ですが、夫が育児を覚えたあとは格段に家事育児が楽になります。

 

では、どうやって教えるのか。

 

それが「やってみせ、言ってきかせて、させてみせ、誉めてやらねば人は動かじ」という言葉に繋がります。

 

例えばオムツ替えをするときに、まずは横で替えているのを見てもらい、やり方を説明して実際にやってもらいます。

 

 

ココがポイント

そして大事なのが、最後に感謝と良いところを伝えることです!

 

そうすることで自信を持って育児に積極的に取り組んでくれるようになります。

 

ただし、趣味を優先する夫の場合は、趣味よりも育児に目を向けてもらう必要があります。

 

趣味より育児を優先させる方法、それは夫の趣味に共感することです!

 

考えてみてください。

 

ココがおすすめ

自分が好きなことに相手が興味を持ってくれたら嬉しくなりませんか?

 

ついペラペラ話したくなってしまいますよね。

 

それと同じようにたとえ興味がなくても「楽しそうだね。私も知りたい!」と伝えることが大事です。

 

そうすることで、育児を抱えた妻と趣味を優先する夫という対立から、夫の趣味に興味を持ったけど育児を抱えている妻という風に、育児を2人の問題にすることができます。

 

さらに子どもが寝たら一緒に楽しむという方向に持っていくことで、家族間のコミュニケーションも上手くいくので一石二鳥なんです!

 

育児に協力的な夫の特徴から学ぶ対処法

もとから育児に積極的な旦那さんてどういう人なのか疑問に思う人もいるでしょう。

 

育児に積極的な男性には以下のような特徴があります。

 

バイタリティにあふれた人

活力があり、じっとしているのが苦手な人は新しいことをするのが好きで積極的に育児にも取り組みます。

年の離れた弟妹がいる

結婚する前から育児の手伝いをしていて慣れているから、育児が苦にならないんです。

子どもが好き

子どもが好きな男性は育児にも積極的に関わろうとしてくれます。

夫婦間の仲が良い

夫婦の仲が良いと、お互いに助け合おうとするので自然と育児も協力してやっています。

 

どうでしょうか?

 

育児になかなか関わろうとしない夫は、インドア派で自分の時間が欲しい人なのかもしれません。

 

そんな男性は、平日仕事から帰ってくると「疲れているから」とソファーや自室で寝そべってしまいます。

 

また、休日は昼近くまで寝ていたり自分の趣味にあてたり、全く動いてくれないなんてこともしばしば耳にします。

 

夫に育児を協力してもらうのに人を動かす方法を紹介しましたが、いきなりやってみせても当事者の自覚がないと「なんでやらなきゃいけないんだ」と怒りだすかもしれません。

 

そんなときは、育児に協力的な夫を参考にしてみることをおすすめします。

 

まずは夫婦間や家族の仲をよくすることが大切です。

 

例えば、昔の思い出を語りあったり、結婚式の写真や子どもの写真を見たりなどです。

 

育児に協力してもらえる体制を整えることがポイントです。

 

 

まとめ

夫に育児を協力的に参加してもらう方法のまとめです。

 

ココがポイント

まずは夫婦間の仲を良くすることに努めます。

昔の写真や思い出を話してみることをおすすめします。

実際に育児をしてもらうときには、まず自分が手本を見せながらどうやるのか説明します。

それから実際にやってもらい、最後に感謝や褒めることが大事です。

たとえ自分がやったほうが早いと思っても、グッと堪えてください。

 

育児の仕方を覚えてもらえばワンオペから解消されます!

 

参考にしてみてください。

OTHER TOPICS 〜その他のトピックス〜

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ゆっこ

30代1児の母、ゆっこです^^ このブログ「ナッツライフ」は、ナッツに関する情報をメインに、 美容に関すること・女性の健康に関することなど、 その時々に興味を持ったことを自由に書きながら情報を発信しています。

-ママの悩み

© 2021 enjoy nuts life