ママの悩み

七五三は3歳だと失敗がつきもの?失敗談から学ぶ3つのポイント

子供のお祝い事として、大事な七五三。

 

2歳の頃のイヤイヤ期が終わると思いきや自己主張が強くなってきた魔の3歳児。

 

ちゃんと写真が撮れるのか、不機嫌にならないか成功するか心配になってしまいますよね。

 

せっかくの七五三、大成功にするためにも撮影時などのポイントをご紹介します。

 

七五三の失敗談を紹介

まずはここで七五三での失敗談をご紹介します。

 

予約の都合で3歳になる前に、七五三の撮影に挑みました。

朝から好物のものを食べさせて、スタジオに着いてからもご機嫌だったのですが、衣装に着替えさそうした時から徐々に不機嫌になっていき、ドレスを着せるのに2人がかりでだいぶ時間がかかってしまいました。

楽しみにしていたのは、親であるわたしたちだけで本人は楽しいという感覚にならなかったので撮影がはじまっても、全然笑ってくれませんでした。

カメラマンの方が、たくさんの工夫をしてくださり最後にこにこしてくれたので、ほっとしました。

娘はトイレトレーニングが終わったくらいでした。

家では失敗することなくトイレが出来ていたのでおむつを持って行っていませんでした。

慣れていない場所で知らない人たち囲まれて、緊張してしまったのかおもらしをしてしまいました。

レンタル衣装が汚れてしまい着せたかった衣装ではなく、別の衣装になってしまいました。

3歳の七五三で、初めてなので張り切っていたもののどんな感じで撮影するのか、どんな段取りで進むのか全然わからなかったので、当日にバタバタしてしまいました。

 

やはり3歳の七五三は、失敗することがありますね。

 

泣き顔や不機嫌な顔が写真に納まるのも大変だったと思い出が残るかと思います。

 

七五三で失敗しないための3つのポイント

持ち物の準備

 

当日の朝に用意するのは、バタバタしてしまい忘れ物をしてしまう可能性があるので前もって準備しておきましょう。

 

もしスタジオに着いてから、不機嫌になってしまったりぐずってしまった時のためにあったら便利なものを紹介します。

 

飲み物

 

水分補給のためでもありますが、いつも飲んでいるもの子供が好きな飲み物を用意しておくのもいいですね。

 

衣装を汚さないためにも、コップではなくストロータイプにしておきましょう。

 

お菓子

 

ぐずった時のお助けアイテムですよね。

 

こちらも衣装を汚さないためにも一口でぱくっと食べられるようなお菓子にいておきましょう。

 

おもちゃ

 

待ち時間が出来てしまう場合がありますのでお気に入りのおもちゃは持って行きましょう。

 

いくつか用意しておくと、飽きさせないので助かります。

 

おむつ

 

トイレトレーニングが始まっているころかと思います。

 

おむつが外れている子も、なかなかトイレに行けない状況があるかもしれませんので一応おむつは持って行っておきましょう。

 

撮影の事前準備

 

撮影を楽しいものにするために子供と撮影の準備をしておきましょう。

 

たとえば、当日撮影するポーズを子供と決めます。

 

ココがおすすめ

子供がしたいポーズをひとつ入れておくといいですね。

 

あとはスタジオのスタッフ・カメラマンとも事前に打ち合わせしておくのもいいでしょう。

 

ココがポイント

撮影したいポーズをあらかじめ話しておいたり衣装の撮影順番など念入りに打ち合わせしておきましょう。

 

あとは、なるべく撮影予約時間を午前中・朝一番にしましょう。

 

どれくらい時間がかかるのか、見込めない場合があるので午後になるにつれて眠くなりぐずってしまいます。

 

この理由もあり、どのスタジオも午前中は人気で予約がすぐ埋まってしまう可能性もあります。

 

なるべく早い段階で撮影する日を決めて事前に予約しておきましょう。

 

子供の気持ちの準備

 

これが1番大事なポイントだといえますね。

 

ココに注意

持ち物や衣装などの準備が万端でも子供の気持ちが準備出来ていないと上手くいきません。

 

3歳の七五三は、初めてのことがいっぱいなので事前に楽しいイメージを持たせることが大切です。

 

当日着せる衣装を見せ「かっこいいね~」「かわいいね~」と初めて着る衣装に抵抗を持たせないことです。

 

ココがおすすめ

お兄ちゃん・お姉ちゃんがいる場合は七五三の写真や動画を見せてあげましょう。

 

子供の中でイメージが少しずつでも湧いてくると思います。

 

あとはママとパパが楽しそうにしていると子供もつられて楽しみという感情を持ちます。

 

なので楽しいイメージを事前に伝えてあげましょう。

 

七五三はいつする?

 

ココがポイント

七五三は3歳の誕生月にしないといけないという決まりはありません。

3歳を過ぎてから4歳になるまでの間ならいつでも大丈夫です。

 

3歳になってすぐ撮影をおこなってしまうとまだまだ落ち着きがないかもしれませんが子供の成長は早いもので、数か月待つだけでだいぶ落ち着いてきていると思います。

 

焦る必要はありませんのでぜひ3歳を過ぎてからの撮影も検討してみてくださいね。

 

3つのポイントを駆使した七五三とは?

 

ご紹介してきたポイントを気にかけ七五三を行う場合例として1日の流れをご紹介します。

 

季節や予定の都合もあるかとは思いますが3歳の誕生日を過ぎてから、撮影の日程を組みます。

 

持ち物は上記に記載したものを前日には完成させておくこと。

 

ココがポイント

なにより1番大事だと言えるポイントは「子供の気持ちの準備」だと思います。

 

これは私の経験上、1番失敗した点です。

 

上手く撮影できるか、いい写真を残すことが出来るかそのことで頭がいっぱいで、子供の気持ちへまで配慮することが出来ませんでした。

 

「明日七五三だね!」「今からお写真撮るよ!」

 

このような声掛けだけじゃ、全然ダメでした。

 

もしもう一度、3歳の七五三をやり直せるのならば撮影に日程が決まった時から、子供と準備を始めたいです。

 

七五三の撮影風景を見せてあげたり当日着る衣装を見せて、気持ちを上げてあげることです。

 

この事前準備が、当日大成功させる1つのカギだと思います!

 

まとめ

上手く撮影したい!

 

という気持ちが強く張り切りがちですが子供と一緒に楽しむことが一番です。

 

事前準備をしっかり行い子供に合った工夫をしてあげて、大成功させましょう。

OTHER TOPICS 〜その他のトピックス〜

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ゆっこ

30代1児の母、ゆっこです^^ このブログ「ナッツライフ」は、ナッツに関する情報をメインに、 美容に関すること・女性の健康に関することなど、 その時々に興味を持ったことを自由に書きながら情報を発信しています。

-ママの悩み

© 2022 enjoy nuts life