ママの悩み

赤ちゃんのお風呂上がりにすぐ授乳(ミルク)は?水分補給や飲まない場合の対処法

 

10カ月の間大切な子供をお腹で育て、遂に生まれてきた我が子。

 

可愛いだけではなく、育児をする上で頭を悩ませることも多くありますよね。

 

赤ちゃんのお風呂上がりにはすぐ授乳(ミルク)をしなきゃいけないの?という疑問、

そして水分補給に関すること、また、授乳(ミルク)を飲まない場合の対処法に論点を絞り、詳しくご説明していきたいと思います!

 

赤ちゃんはお風呂上がりにすぐ授乳(ミルク)をあげないとダメ?

 

赤ちゃんや乳児は、体の中の水分で生活している為、代謝の高い赤ちゃんには水分補給は必要です。

 

ですが、必ずしも飲ませなければならないという訳では無いのですよ。

 

お風呂の上りのタイミングで「授乳(ミルク)」の時間でないときや、飲んだばっかりの時は赤ちゃんへの授乳(ミルク)は嫌がる可能性もあります。

 

そうゆう時は無理にあげずに様子を見ることも大事なので必要に応じてあげるのが良いですよ。

 

赤ちゃんへの授乳(ミルク)のタイミングは、家庭それぞれです。

基本的には時間を見てあげていると思いますが、時間を大幅に変えてしまうと赤ちゃんのサイクルが崩れてしまうので避けましょう。

 

もし、お風呂の後に赤ちゃんがぐずっている場合は、喉が渇いている可能性が高いので少量の授乳(ミルク)や赤ちゃん用の麦茶などを与えてみるのも良いと思います。

 

赤ちゃん用麦茶などは生後1カ月から飲めるものもあるので、その時によって使い分けるのも良いと思いますよ。

 

私自身も子供が小さい頃は赤ちゃん用麦茶をよくあげていましたので重宝していました。

 

母乳(ミルク)をすぐに飲ませた方が良い?水分補給のタイミングは?

 

結論から言いますと、お風呂の後の母乳(ミルク)ですが、すぐに「飲ませた方がいい」という事はないです。

 

赤ちゃんはお風呂で沢山の汗をかき、体の中の水分が放出されますが、必ずしもすぐに飲ませるという事はしなくても平気です。

 

赤ちゃんは「お腹が空いたら泣く」「のどが乾いたら泣く」「オムツが不快で泣く」など大抵のことは泣いて教えてくれます。

 

母乳やミルクをあげているのならば必要な栄養分はれているのでそれ以外の水分補給は基本的に必要がありません。

 

多くの水分補給をさせてしまうと、授乳(ミルク)タイミングで満腹感があり規定量を飲まなかったりするので、必要な栄養素が入っている母乳やミルクに影響しない程度にあげるのは良いですね。

 

お勧めの水分補給ですが、授乳(ミルク)時間に合わせてお風呂に入れるのがコツです。

 

3時間ごとの授乳(ミルク)だとして、昼間の14時に授乳(ミルク)をすれば次の授乳は17時ですよね。

 

16時半ごろの夕方早めにお風呂に入れることで、お風呂上がりに規定量の授乳(ミルク)ができます。

 

赤ちゃんの喉が乾いていたり、お腹が空いていれば勿論飲みますし栄養も取ることができるので親の心配も減りますし一石二鳥のやり方ですよ。

 

必要に応じて水分補給をすることで脱水症状なども防げるので、よく観察し赤ちゃんに常に向き合うことも大事です。

 

赤ちゃんがお風呂上がりに飲まないときはどうする?

 

上記でもご説明した通り、飲まない場合は無理にあげる必要はありません。

 

飲ませようとすると泣いてしまったり、飲もうとしない場合は喉が乾いて無くお腹もすいていないのかもしれません。

 

育児をする上で悩むことはたくさんあり、不安に思うことも沢山あると思います。

 

赤ちゃんは大人よりも体内に水分が必要と言われてることもあり、体温が高く、多くの汗をかき、活発に動いた後や、お風呂や寝ている間に体内の水分が失われます。

 

赤ちゃん自身が喉が渇いている時は、泣いて教えてくれ、沢山の水分を取りますが、体に支障が出ない程度に心がけることも大事です。

 

赤ちゃんによっては、麦茶や水を嫌がる子もいるので、そんな子には母乳をあげてしまっても良いかもしれません。

 

母乳やミルク以外での水分補給は?どんな飲み物がいいの?

 

基本的には母乳やミルク以外の水分補給の必要はないと言われていますが、喉が渇いて泣いている時は気にせずあげても良いと思います。

 

「母乳やミルク以外あげたら駄目だから」という気でいると親の体も心も疲れズタボロになっていくのでそうならない為にも子供を一番に考え、その子に合った飲み方を推薦します。

 

母乳やミルク以外にも様々な飲み物が出ているのでご紹介します。

・ベビー用麦茶

・イオン飲料アクアライト

・乳酸菌ウォーター

・ポカリスエット

など色々な会社からの飲み物が出ているので、どのくらいの月例から飲めるのかという事をしっかりと確認して飲ませてあげるのも良いと思いますよ。

 

粉末タイプやペットボトルタイプのが出ていますが個人的には粉末タイプがおすすめです。

 

気になった時に水に溶かすだけで飲み物が作れるので、ペットボトルタイプのように賞味期限を気にせず保管しておくことができ、外出時にもっていくことができるのでお勧めです。

 

まとめ

 

子供がいることで色々な悩みを抱え、「完璧にこなそう」と思いがちですが、最終的には子供を一番知っている親の判断が大事です。

他人の意見に流されず、子供に合った飲み方、飲み物を選んでいくのも親の仕事です。

授乳(ミルク)のタイミングや水分補給のタイミングなどは、時間やその時々の場合を見て子供に合った飲み方をしてみてくださいね。

OTHER TOPICS 〜その他のトピックス〜

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ゆっこ

30代1児の母、ゆっこです^^ このブログ「ナッツライフ」は、ナッツに関する情報をメインに、 美容に関すること・女性の健康に関することなど、 その時々に興味を持ったことを自由に書きながら情報を発信しています。

-ママの悩み

© 2022 enjoy nuts life