ナッツ生活を楽しもう!

enjoy nuts life

ママの悩み

妊娠中のニキビ肌がひどい!石鹸や化粧水の選び方は?

更新日:




妊娠中って、ホルモンの関係からニキビ肌に悩まされる方も多いのではないでしょうか?

 

特に、肌も敏感になっていますので、石鹸や、化粧水選びには悩んでしまいますよね。

 

妊娠中は疲れやすかったり、眠気だったり、体調も優れない事も多いです。

 

更にニキビ肌にも悩まされてしまうとなると、精神的にも負担がかかってしまいます。

 

そこで、今回は妊娠中のニキビ肌について色々まとめていきたいと思います。

 

妊娠中のニキビ肌におすすめな石鹸、化粧水の選び方、食事など詳しく見ていきたいと思います!

 

妊娠中にニキビ肌になる原因は何?

 

そもそも、なんで妊娠中にニキビ肌に悩まされてしまうのでしょうか?

 

ホルモンが関係しているという事は分かるのですが、他にも原因はあるのでしょうか?

 

それでは、妊娠中になぜニキビ肌になってしまうのか原因を見てみましょう。

 

ホルモンバランスの変化

 

妊娠すると女性ホルモンのプロゲステロンやエステロゲンなどが増加するので、妊娠前とはホルモンバランスが大きく変化します。

 

妊娠初期は、プロゲステロンが増加します。

 

プロゲステロンは妊娠を継続させる大切なホルモンですが、他にも皮脂の分泌を促す働きがあります。

 

そのため分泌過多となった皮脂が毛穴に詰まり、ニキビができてしまうのです。

 

食事の変化

 

妊娠によって食べ物の好みが変わるという妊婦さんは多いかと思います。

 

その結果、偏った食事、甘い物や油物の食べ過ぎなどで、肌の状態を悪化させてしまう場合があります。

 

他にも、つわりで食欲がなくなってしまい、体が栄養不足や水分不足を引き起こしてしまい、肌荒れ、ニキビなどが起きることがあります。

 

便秘による肌荒れ

 

妊娠中のホルモンバランスの変化は、便秘にも繋がる事があります。

 

便秘によって老廃物が体の中に留まってしまい、有害物質が肌から排出されることがあるんです。

 

肌には、もともと汚れや余分な水分などを排出する力があるのですが、有害物質が増えることによって肌の新陳代謝が追いつかないため、妊娠中の肌荒れ、ニキビを引き起こすという事に繋がってしまいます。

 

妊娠中のニキビ肌におすすめな石鹸とその選び方は?

 

妊娠中のニキビ肌におすすめな石鹸

 

MIYOSHI | 無添加白いせっけん3P

 

食用グレードの牛脂、パーム油で出来ている純石鹸です。

 

パーム油はオレイン酸などを含み、肌の老化防止や保湿などの効果があります。

 

釜の中で焚き込み、5日間じっくり熟成させて作られていますので、潤い成分がしっかりと残された純石鹸です。

 

無添加石鹸は泡立ちがいまいちと聞きますが、その中でこちらの石鹸は泡立ち豊かに洗うことができます。

 

牛乳石鹸 / カウブランド赤箱

 

食用原料となる高品質の天然油脂を主原料にしています。

 

青箱も赤箱もミルク成分配合ですが、赤箱に保湿成分(天然スクワラン)配合がプラスされています。

 

妊娠中の肌はしっかりと保湿してあげる事も重要です。

 

天然成分ですので安心してお使いいただけるのも、妊娠中のデリケートな肌にとっては大切なポイントです。

 

妊娠中のニキビ肌におすすめな石鹸の選び方

 

  • 敏感肌用
  • 無香料・無着色・アルコールフリーなどの低刺激のもの
  • 馬油などの自然由来成分

 

妊娠中のニキビ肌におすすめな化粧水とその選び方は?

 

妊娠中のニキビ肌におすすめな化粧水

 

ファンケル アクネケア

 

ファンケルは無添加化粧品で、馴染み深い方もいらっしゃると思います。

 

そのファンケルの大人ニキビケアラインがおすすめ。

 

【ニキビが出来きやすくなってしまった】【毛穴が目立つようになった】という方におすすめの化粧水です。

 

肌に優しく作られているファンケルですので、ニキビケア特有のピリピリ感や、乾燥しすぎる事なく、なめらかな肌に導きます。

 

殺菌剤などの成分は無添加ですので、肌の敏感な妊婦さんにおすすめです。

 

養麗潤

 

界面活性剤・着色料・香料・鉱物油・アルコール不使用、赤ちゃんにも使える低刺激ゲルです。

 

化粧水・乳液・美容液がこれ一本で簡単にケアできます。

 

8種類の殺菌、抗炎症、保湿効果をもつ天然成分で肌にやさしく、潤いをもたせ、肌を健やかに保ちます。

 

肌が敏感な妊娠中や、産後、赤ちゃんと一緒に使うことができます。

 

また、全身にも使用できるので乾燥が気になる方にもおすすめです!

妊娠中におすすめな化粧水の選び方

 

肌に優しい弱酸性・低刺激性

 

敏感肌用の化粧水は、弱酸性で低刺激性のものがほとんどです。

 

妊婦さん向けの化粧水でもアルコールが含まれているものもありますが、なるべく含まれていないものを選ぶようにすると良いでしょう。

 

余計なものが極力含まれていない

 

香料や着色料など、添加物をなるべく含まないものが、おすすめです。

 

過剰に神経質になる必要もありませんが、妊娠中は肌もデリケートになりますし、お腹の赤ちゃんへの影響も心配されるので、添加物などをなるべく含まないものが良いでしょう。

 

使い心地や香りが合うもの

 

1人1人、使い心地の良さは違うものです。

 

自分に合った使い心地の良いものを選びましょう。

 

保湿が良いと言っても、つけ過ぎやべたべたした質感は、肌のトラブルの元になりやすいですので注意しましょう。

 

他にも、妊娠中は香りにも敏感になりますので、香りのチェックも忘れずにするようにしましょう。

 

妊娠中のニキビ肌におすすめな食事は?

 

ビタミン、ミネラルや水分を意識的に摂りましょう!

 

体の栄養不足や水分不足を防ぐためには、ビタミンやミネラルなど、肌の代謝を良くしてくれる栄養素を意識的に取り入れましょう。

 

特にビタミンAは肌荒れを防ぐ役割を持っています。

 

なので、妊娠中には積極的に摂取したいビタミンの1つと言えるでしょう。

 

βカロテンは体内でビタミンAに変化するため、ビタミンAを過剰に摂取する心配はありません。

 

βカロテンを多く含む食材は、緑黄色野菜やみかんなどの柑橘類です。

 

他には水分の摂取量を多めにするのもおすすめです。

 

ただし、糖分を多く含んだジュースや、カフェインなど体を冷やしてしまうものなどは控えましょう!

 

妊娠トーク

 

 

まとめ

 

妊娠中のニキビ肌。原因や、対策などをまとめてみました。

 

妊娠中のニキビ肌がひどい!石鹸や化粧水の選び方は?のまとめ

  • 妊娠中のニキビの原因はホルモンバランス、食事の変化、便秘によるものが多い
  • 妊娠中のニキビ肌におすすめな石鹸の選び方は、敏感肌用、無香料、無着色、アルコールフリー、など低刺激のものを選ぶ
  • 自然由来成分
  • 妊娠中のニキビ肌におすすめな化粧水の選び方は、弱酸性、低刺激、無添加、などのものを選ぶ。使い心地の良さ、香りも確認しておくと良い
  • ビタミン、ミネラル、水分は積極的に摂るようにする

 

妊娠中は何かと体調など変化が多いです。

 

妊娠中も健やかに過ごせるように、この記事を参考に色々取り入れてみて下さいね!




  • この記事を書いた人
  • 最新記事
ゆっこ

ゆっこ

30代1児の母、ゆっこです^^ ナッツが好きすぎてこのブログを立ち上げました。 子育ての合間ではありますが「ナッツを通して健康になる」をモットーにナッツの素晴らしさや知って得する情報をお届けしたいと思います!

-ママの悩み

Copyright© enjoy nuts life , 2020 All Rights Reserved.