主婦のギモン解決

マダニに子供が噛まれた症状は?処置や対処の仕方は?

 

2021年の夏、熊本県内ではマダニによる感染症が増えたそうです。

 

また、最近では関東で初確認されたとの報告がありました。

 

 

ゆっこ
どうやら、マダニは流行地域が広がっているようで、決して他人事ではありません。

 

マダニ由来の感染症である、重症熱性血小板減少症候群(SFTS)は安易に考えてはいけない病気。

 

この重症熱性血小板減少症候群(SFTS)は、6~14日の潜伏期間を経て発熱や消化器症状が現れます。

 

致死率は6~30%あり、命の危険を伴う症状に発展しかねません。

 

ゆっこ
自分の子供がもしも、知らないうちにマダニに噛まれていたら。。。 そう思うとゾッとします(汗)

 

その観点から、マダニについて私が調べたことをまとめてみました。

マダニについての対処法や処置法などをご紹介していけたらと思います。

 

最後までおつきあい、どうぞよろしくお願い致します!

 

マダニに子供が噛まれた症状は? 即効でできる対処は?

 

夏は、行楽シーズンでもあり、プールや海、バーベキューなど様々な遊びがありますよね〜

 

休みを使って、外で遊びに行く家族もたくさんいると思います。

 

特にマダニは、キャンプやバーベキューなどをしている時に被害が多いです。

ここ最近ではコロナ渦の影響で、キャンプ・バーベキュー場は自粛のためで利用きない所が多いので、
利用頻度も無いので安心かと思いきや。

 

実は、公園や河川敷など近くの遊び場にもたくさん生息しています!!!

 

草むらに潜むマダニ感染症 ペットのイヌ死亡 致死率はコロナ以上 静岡(テレビ静岡NEWS)#Yahooニュースhttps://t.co/uAu3lLC2iH

— チームなるばもこあ (@TNaruver) July 2, 2021

 

ゆっこ
もし子供が噛まれてしまったら…。 どのように対処したらいいんだろう?

 

調べてみたところ、

 

マダニに肌を吸血されても痛みを伴わないことが多いとのこと。

 

マダニは気づかないうちに人の体に噛み付く場所を決めて噛み付いてきます。

 

ゆっこ
最初の噛まれた時は痛みも痒みもありませんので気づかないことがほとんどなんですよ。

 

パッと体を見た時に何かカサブタのようなものがくっついていたり、
不自然な違和感を感じたらよく観察してみてください。

 

基本的に、
マダニは吸血する場所を決めると、
皮膚に噛みつきながらセメント物質をつけて、
その場所に7日ほど固着
し、
して必要な血を吸いつくします。

 

満足後に自然に脱落しますが、
かゆみ・痛み・灼熱感・死亡することもあり危険です。

 

症状は人によってそれぞれですが、
基本的な症状をお伝えしますね。

1.刺されてから一週間から二週間目で刺された部位に赤い斑点や、丘疹(紅斑性丘疹)ができる

 

2.刺された部位の周辺に、紅斑が拡大しどんどん大きくなっていく

 

3.筋肉痛や、腫れ、発熱などを伴うこともあります。

また、具体的な病名をあげると
以下のような感染症に発展する可能性があります。

 

1. 日本紅斑熱

 

2. ライム病

 

3. ダニ媒介性脳炎

 

4. 重症熱性血小板減少症候群(SFTS)

 

マダニが噛んで去った後では
自覚は薄いため気付きづらいと思いますが、
かゆみ・痛み・灼熱感などがあり、且つ思い当たる傷口がある場合は
病院にすぐ行き医師に診てもらい
ましょう!

 

まずは、噛まれる環境を避けること。

噛まれそうな環境(森林)などに入る時は、
肌の露出をさけることが懸命です。

噛まれないように予防することが一番ですね。

 

 

もしも、
マダニに噛まれてしまって 且つ
子供にマダニがついていた時は、


ワセリンが応急処置として効果が高い
です。

きっと、小さな子供がいる過程には、
多くの確立で保湿剤として置いてあると思いますが、
心配ならば、この機会に常備しておくのも良いと思います。

 

マダニはとても危険な虫です。

 

小さい虫だから!
といって安心してたらとても危険な目に遭います。

 

時には命に関わることもあるのでしっかりと対処していきましょう!

 

ワセリンによる対処法

 

1.マダニが刺している場所、固着してる場所を探す。

 

2.マダニごとたっぷりのワセリンで覆うように塗る。

 

3.30分ほど放置する。

 

4.ガーゼで拭き取る。

 

そうすることで、
マダニがワセリンの効果で窒息して簡単に取ることができます。

 

注意点ですが、あくまでも完全に応急処置ですので、
その後は念のため、病院に行って処置してもらうのが一番です。

 

すぐにはいけないと言う時は、ワセリン法をぜひお試しください。

 

 

マダニについてのまめ知識

春から秋(3-11月頃)にかけてマダニの動きが活発になる時期。

マダニとは8本の足からなる筋足動物と言われる虫です。

マダニの種類は20種類近くもいて基本的に動物や人間の血液を栄養素として生きています。

幼ダニや若ダニは発育のため、そして、成虫のダニは産卵のために吸血をして生きています。

布団や、カーペットによくいるダニではなく、マダニは目で確認できるほどの大きさです。

『吸血前で3-4m程度』『吸血後のメスは3-4倍』と血を吸って膨れ上がるのです。

なので、皆さんが知ってるダニより遥かに大きく見た目も相当気持ち悪いかもしれませ〜ん!

 

マダニは野外や室内のどこにいる?予防策はある?

 

マダニは色々なところに生息しています。

野外に関わらず室内にもいることもあるので注意です。

 

野外

公園、河川敷、川、山、農作業など生活の上で立ち入る場所に必ず潜んでいます。

 

室内

畳、カーペット、布団、ぬいぐるみなどです。

 

基本的には野外にいるマダニですが、室内に侵入するケースもあります。

 

また、人間や動物にマダニがついていて気づかず家の中で産卵をしてしまったら、室内にもいることがあります。

このように、野外でも室内でも、マダニに噛まれることは考えられるのです。

 

【予防策】

 

野外の場合は、草などが生い茂ってる場所は注意です。

 

もしも、踏み入れなければならない時は、長袖長ズボンを装着しましょう。

 

また、予防としてマダニ専用の殺虫剤を外に撒くのも効果があります。

 

庭や家の周りなどに殺虫剤を振りかけておくだけ でも効果がありますよ〜

 

室内の場合も同様、殺虫剤などが効果的です。

 

小さなお子様がいても平気なスプレーも売ってますので、店頭を確認してみてくださいね。

 

また、カーペットや床などはこまめな掃除機がけもかなりの効果がありますよ。

 

カーペットなどは、
ゆっくりと動かす形でやるのがコツです。

 

吸血中のマダニは自分で取っていい?

 

血を吸って大きくなったマダニをみてようやく気付くことが多いのですが、

 

そこで注意して欲しいのが絶対に潰さないことです。

 

もしも、

潰したり、無理やり噛まれてる場所から取り除こうとすると、

マダニの口器が皮膚の中にめり込んでしまい化膿する恐れがあります。

 

取り方は先ほども紹介したような、
ワセリン法での取り方や、
他にもいくつかありますので紹介します。

 

基本的には病院に受診して、
取り除いてもらうのが良いのです。

 

夜中にマダニがいることに気付いたり、
どうしても病院に行く時間がない時に、
一刻も早く取り除きたい場合にだけご利用ください。

 

【塩を使ったマダニを取る方法】

 

1.刺された場所に、塩を手で擦り付けます。

 

2.その上に水を少量つけていきます。

 

3.5分以上放置し、ティッシュなどで塩をとります。

 

4.ピンセットでマダニを摘むとスルッと取れます。

 

ピンセットで取る方法

 

1.なるべく皮膚に近い場所をピンセットで掴む。

 

2.しっかりと掴みまっすぐ上に引っ張る
(この時掴むのが強すぎないようにしてください)

 

3.捻らず真っ直ぐゆっくりと引き上げて抜きます。

 

このように自宅で取れる方法もありますが、
危険も伴いますのであくまでも応急処置と考えてくださいね。

 

まとめ

 

今回は、どこにでも生息しているマダニについてご紹介しました。

 

誰でも刺される危険があり
命に関わることと、感染症を伴うことなど、
様々な危険があるということがわかりました。

小さいからと言って平気と思わず、
応急処置や予防をしっかりしていきたいですね。

 

また子供などは、
平気で草むらに入ったりするので、
長袖長ズボンを着用させるなど徹底的に予防するのが良さそうです!

 

家に入る前には、
身体中を検査したり、洋服についてないか、
確認することも大事なポイントです。

 

ペットなどにも付いていたり、
噛まれてる可能性もあるので
ペットの体も注意してくださいね!

data-matched-content-ui-type="text"

こちらの記事も読まれています

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ゆっこ

30代1児の母、ゆっこです^^ このブログ「ナッツライフ」は、ナッツに関する情報をメインに、 美容に関すること・女性の健康に関することなど、 その時々に興味を持ったことを自由に書きながら情報を発信しています。

-主婦のギモン解決

© 2021 enjoy nuts life