主婦のギモン解決

赤ちゃんと夏に日中での過ごし方は?室温30度超えない暑さ対策とアイテムのご紹介

 

 

段々と暑い夏になっており、
温暖化の影響で毎年暑さが高まってきています。

 

そんな中、赤ちゃんとの過ごし方って凄く難しいところで、悩む人も多いですよね。

 

真夏に赤ちゃんと過ごす時の注意点や、
便利なアイテムについて個人の感想も交えて紹介していきます。

 

赤ちゃんが部屋で快適に過ごせる温度はどれくらい?

 

赤ちゃんの体は、まだ大人のように体が発達していないので適切な温度管理が重要です。

 

そのため、大人が赤ちゃんが過ごしやすい温度や湿度を設定してあげましょう。

 

夏場の部屋の快適温度は、“26~28度”です。

 

室内と、外の温度が大体5度くらいの変化があるようにすると良いですよ。

 

大人が心地よいと感じる温度と大して差は無いですが、少し高めですね。

 

夏場の赤ちゃんは、注意する点があります。

 

ココに注意

直接エアコンや、扇風機の風を当てない

 

暑いからといって直接の風を赤ちゃんに当てることは禁物です。

 

ココに注意

地面は、冷たい空気が溜まるので、高いベビーベッドなどに赤ちゃんを寝かせる

安全な高い位置に置いてあげることで、地面の冷たい空気に触れないので安心です。

 

ココに注意

汗をかいていたら、着替えさせる

汗っかきな赤ちゃんは、汗を放置すると風邪をひいてしまう事もあるので、しっかり着替えをさせましょう。

 

ココに注意

直射日光を当てない

直射日光が当たらない、高いベビーベッドなどに寝かせてあげて下さいね。

 

ココに注意

赤ちゃんの様子を観察し、顔が赤かったり熱っぽくないか確認

脱水症状や室温が暑すぎると体内に、熱が溜まるので注意しましょう。

 

ココに注意

おしっこの量や回数を把握する

脱水症状になり、赤ちゃんに水分量が足りないことでおしっこにも影響します。

 

こちらが注意点になりますので、夏場は特に注意してくださいね。

 

エアコンをつけると、同時に空気が乾燥するので、加湿器などで湿度を保ってあげることも大事です。

 

赤ちゃんが過ごしやすい湿度は、“50~60%”です。

 

特に乾いてもなく、ジメジメでもない丁度いい湿度が理想です。

 

 

エアコンが苦手な人もいますが、エアコンを付けずに夏を乗り切るのは不可能です。

 

赤ちゃんは温度に敏感なので、暑い・寒いという理由でも泣いたりしますよね。

 

その子によって感じる個人差はありますが、心地よい温度を見つけてあげる事が必要です。

 

まだ喋れない赤ちゃんの事を理解するのはとても難しいですが、観察をすることで赤ちゃんにもっと寄り添えるようになりますよ♪

 

また、赤ちゃんにとって過ごしやすい、温度や湿度を作ってあげることが大切です。

 

夏場の猛暑日はとても暑く、大人でも息絶えるような暑さですよね。

 

温度調節ができない赤ちゃんは、熱を体の中で放散できないのでしっかりとした対応をしてあげなければなりません。

 

部屋の中に常に温度計と湿度計を置き、日々注意してみるといいですよ。

 

赤ちゃんにとって心地よい生活作りをしてあげてくださいね。

 

私が実際に赤ちゃんにやっていた室内での暑さ対策

 

 

赤ちゃんと生活するうえで、夏を乗り越えるのはとても大変ですよね。

 

猛暑であまり外に出られなかったりすると、家での過ごし方も変わってきます。

 

室内の温度や湿度を守ったうえで、赤ちゃんにやっていた暑さ対策を紹介します。

 

ココがポイント

肌着の工夫

ゆっこ
夏場は、汗を沢山かく赤ちゃんの為に肌着の工夫をし、汗をよく吸う生地を着させていました。

 

綿100%の肌着」「タンクトップ肌着」など、夏用の肌着を常備してました。

 

汗を沢山かくので、多い日は一日に3~4枚以上変えることもあります。

 

多いに越したことは無いので、色んな種類を持っているのが良いでしょう。

 

我が家の娘は、汗を沢山かく子供だったので、肌着の背中部分に「ガーゼハンカチ」などを入れて汗を吸わせていましたよ。

 

この様に、肌着の工夫をすることで赤ちゃんの汗でできた汗疹なども出来づらくするので肌着はとても大事な点だと思います。

 

ココがポイント

敷布団や掛け布団の工夫

 

ゆっこ
ベビーベッドや、一緒に寝ている布団の工夫をしていました。

 

冷たく感じるカバーや、冷たく感じる布団を使うことで赤ちゃんにとって寝やすい布団を作りました。

 

また、赤ちゃんは汗かきで布団が濡れてしまう事があるので、タオルを頭の部分に敷いたり、こまめにカバーを洗ったりすることで清潔を保てますよ。

 

また、我が家の娘は汗っかきだったので、布団とシーツの間にペットシーツを挟んでいました。

 

そうすることで、
汗が布団につかずカバーを変えるタイミングでペットシーツを交換すればいいので、とても楽でしたよ。

 

周りからは見えず、楽さと衛星面を兼ね備えているので個人的にはおすすめです。

 

ココがポイント

エアコンと扇風機で工夫

 

ゆっこ
エアコンだけだと、寒くなりすぎたり、逆に冷気が部屋中に回らなかったりしますよね。

 

そんな時に、エアコンと扇風機を使い涼しい風を部屋中に回す工夫をしていました。

 

サーキュレーターのような上下左右に回る扇風機を使い、
エアコンの部屋から赤ちゃんがいる場所まで
冷気が回るようにする
だけで、過ごしやすさが上がりますよ。

 

この様に、室内にいても赤ちゃんと快適に過ごす工夫をしていましたよ。

 

赤ちゃんだけでなく、母親の産後の体はボロボロなので、少しでも楽に育児ができ、休める空間を作ってあげることも大事です。

 

母親の水分補給もしっかりして、夏場を乗り切りましょうね!

 

これがあると便利!赤ちゃんのための室内あつさグッズ3選

 

 

赤ちゃんと夏場室内で過ごす時に、重宝した暑さグッズを紹介します。

 

コレが便利

冷感マット・冷感シーツなど

ゆっこ
大人用も赤ちゃん用も販売されている暑さ対策のアイテムです。

 

今では色々な会社から出ている、冷感マットですが赤ちゃんにもとても重宝するんですよ。

 

柄付きや、無地の物など色んな種類が出ているので選ぶのも楽しいです。

 

洗い替え用に2枚くらい持っておいても、損がないとても使えるアイテムです。

 

寝苦しさから解放され、
我が家の娘は冷感マットを使ってあげるだけで
夜泣きが減ったり、良く寝てくれるようになりました。

 

コレが便利

抱っこ紐用保冷パッド

 

ゆっこ
室内で、抱っこ紐を使う事もありますよね。

 

個人的に、掃除や、ご飯づくりの時に抱っこ紐を使って作業することが多かったので夏場の保冷パッドは必須でした。

 

 

背中部分に保冷パッドを入れると、赤ちゃんを冷やしてくれて抱っこ紐を使っても暑さが軽減されるアイテムです。

 

個人的に使っていたものは、抱っこ紐とベビーカーの両方が使えるもので、外出するときはベビーカーに付けることもできますし、1つで2役をしてくれるので便利でした。

 

コレが便利

汗取りパッド

 

ゆっこ
汗っかきの赤ちゃんは、肌着や洋服を汗で汚してしまう事が日常茶飯事です。

 

いちいち着替えさせる手間を考えると、汗取りパッドはとても重宝しました。

 

 

寝ている時や、普段の生活で、背中に忍ばせておくだけで汗を吸収してくれるので、洋服を変える手間も省け洗濯ものも減るのでオススメですよ。

 

コレが便利

薄めのガーゼブランケット

 

ゆっこ
授乳をするときや、抱っこで寝かせている時などにとても重宝するアイテムです。

 

 

1つ持っていれば、室内や外出時でもとても便利なんですよ。

 

日焼け対策や、少しの寒さ対策おくるみとしても使えるので1つ持っているだけで安心です。

 

もし汚してしまっても、乾きやすい生地なのもとてもオススメの点です。

 

色んな色や、柄なども出ているので、揃えるのも楽しいですよ♪

 

コレが便利

汗疹・お尻かぶれの為の塗り薬

 

ゆっこ
汗っかきの赤ちゃんはどうしても背中の汗疹や、蒸れたオムツのお尻かぶれなどがおきてしまいますよね。

 

痛がってしまったり、痒くなってしまうと可哀想でどうしようもなくなります。

 

そんな時に私が使っていたアイテムはこちらです。

 

ステロイドも入っていないので、どれだけ塗っても大丈夫な点も安心ですよね。

 

また、値段も1000円以下で買える安価なので、使いやすく、チューブタイプなのでもち運びにも便利ですよ。

 

我が家の娘は、今でもこのアイテムを使っているほどの愛用者で、少しの湿疹などにも効くんですよ。

 

この様に、暑さを乗り切るためのアイテムも沢山出ているので、試してみてはいかがですか。

 

まとめ

 

個人の体験談も交え、夏場の赤ちゃんの過ごし方について紹介しました。

 

どうしても暑さには敵わないこの季節ですが、工夫次第で過ごしやすくなりますよ。

 

赤ちゃんにとっても、親にとっても過ごしやすい部屋作りをすることで、
疲労回復などにもつながるのでやってみてください。

 

また、暑さ対策のアイテムを使って、泣く原因なども変わってくるかもしれません。

 

ぜひ試してみてくださいね♪

 

data-matched-content-ui-type="text"

こちらの記事も読まれています

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ゆっこ

30代1児の母、ゆっこです^^ このブログ「ナッツライフ」は、ナッツに関する情報をメインに、 美容に関すること・女性の健康に関することなど、 その時々に興味を持ったことを自由に書きながら情報を発信しています。

-主婦のギモン解決

© 2021 enjoy nuts life