ナッツ生活を楽しもう!

enjoy nuts life

女性の健康

妊娠中に小さなニキビ!肌荒れが酷い!おすすめの青汁は?

更新日:




妊娠という赤ちゃんに会うまでの幸せの時間・・・のはずがニキビに肌荒れ!!

それだけで、気持ちが曇りがちになりますよね。

 

でも、大丈夫、あなただけではないのです!

 

妊婦さんの肌トラブルは意外に多いのです。

 

マタニティライフを快適に過ごすために、肌荒れ対策しましょう。

 

今回はニキビ、肌荒れについて調べてみようと思います。

 

妊娠中にニキビ肌になる原因は何?

 

妊娠中のニキビはアゴや口の周り、頬や鼻の頭、おでこの髪の生え際にできやすくなります。

 

もちろん他の箇所にもできることはあります。

 

その原因はいくつか考えられます。

 

ホルモンバランスの変化

 

やはり真っ先に思い浮かぶのはホルモンバランスの変化だと思います。

 

特に妊娠初期には皮膚の分泌を活発にする「プロゲステロン」という物質がたくさん分泌されます。

 

そのため、皮脂が油っぽくなり、ニキビが出来やすくなります。

 

栄養バランス

 

妊娠初期には、つわりのなる妊娠さんと多いと思います。

 

食事が思うように取れなかったり、好みが変わって同じものばかり食べたくなったり、そういった食生活が栄養バランスの乱れとなり乾燥や肌トラブルになりやすくなります。

 

また、妊娠中は水分も不足しがちです。

 

羊水や胎盤などで必要とされるので水分も意識的にとらないと不足になり、肌トラブルの原因になります。

 

睡眠不足

 

妊娠初期ならつわりや体調不良、お腹が目立ち始めると寝苦しさから睡眠不足になります。

 

人間は寝ている時に肌をきれいにする成長ホルモンが分泌されます。

 

水分不足が続くと成長ホルモンがきちんと分泌されないので肌トラブルつながるのです。

 

便秘

 

妊婦さんに多いのは便秘です。

 

いきむのも怖いですし、妊娠前より体を動かす量も自然と減ってしまいます。

 

また、妊娠初期に大量に分泌される「プロゲステロン」は胃腸の動きを鈍くするため便秘になりやすくなります。

 

体内の老廃物が排出されないと、ニキビや肌荒れになってしまいます。

 

ストレス

 

お肌の不調の大敵のストレスは妊婦さんにとっても大敵です。

 

妊娠していることでホルモンバランスの乱れでイライラしたり、出産への不安などストレスの要因も増えてしまいます。

 

ストレス=肌トラブルですね。

 

 妊娠中のニキビ肌はまず皮膚科に!

 

ニキビぐらいだったら市販薬でいいか

 

塗り薬だからいいだろう・・

 

なんて自己判断で使用しないでください!

 

安易に使用すると後々、薬を使ってしまったと不安になりストレスが溜まって肌荒れがなかなか治らない→市販薬使い続けるという悪循環に陥ります。

 

塗り薬でも妊婦さんが使わない方がいい成分もありますので、自分で治そうとせず皮膚科に早い段階に行かれることがなによりの完治の近道です!

 

また、皮膚科になかなか行かなかったら、妊婦検診などで医師に相談してみてください。

 

妊娠すると色々な変化が現れます。

 

こちらの動画も参考にしてみてください。

 

 

妊娠中のニキビ肌にオススメなスキンケアのコツは?

 

ニキビが出来てしまったら、スキンケアにも気おつけたいですね。

 

では、どんなことにきおつけてスキンケアをしたら良いでしょうか?!

 

洗顔

 

妊娠中は皮脂がホルモンバランスにより通常よりも多く分泌されます。

 

洗顔をしっかり丁寧にしましょう。

 

汚れを取るために、しっかり泡立て、泡で汚れを取るイメージで洗顔しましょう。

 

また、体質が変わってしまっているので、今までの洗顔が合わない場合もありますので、なるべく肌に優しいタイプを選ぶと良いでしょう。

 

乾燥

 

小さなニキビができるのは、乾燥も関係してきます。

 

特に水分不足陥りやすいので、保湿はしっかりしましょう。

 

化粧水なら肌が吸収しなくなるまでたっぷり補給しましょう。

 

また、加湿器を利用するなどして、外からの乾燥も防ぎましょう。

 

ビタミンC

 

肌のトラブルにはビタミンCが有効です。

 

サプリメントでとるか、野菜やフルーツで摂取しましょう。

 

ビタミンCは妊婦さんが不足しがちな鉄分の吸収を助ける働きもあるので、ぜひ積極的に摂取してみてください。

 

ちなみにビタミンCの食物は、みかん・グレープフルーツ・パプリカ・小松菜・ブロッコリーなどです。

 

熱に弱い栄養なので、フルーツで補うのがベストですね。

 

栄養バランスを整える!妊娠中のニキビ肌におすすめな青汁は「ベジパワープラス」?

>>【送料無料】ベジパワープラス1,000円はこちら 

 

妊娠中にあれこれやるのは、心配だし面倒くさいというときは、青汁はいかがでしょうか?

 

青汁も色々な種類が出ていてわからないし、まずそう・・

 

なんて思いませんか?

 

今回は妊娠さんやお子さんでも安心して飲んでいる青汁「ベジパワープラス」をご紹介します。

 

こちらの青汁は、妊婦さんが心配する農薬や化学物質は一切使用していません。

 

さらにはノンシュガーなので、カロリーの心配もいりせん。

 

20種類の栄養素をバランスよく配合していますので手軽に必要な栄養を摂取することができます。

 

気になるお味ですが、普通の青汁と違いお子さんでも飲みやすいようパイナップルフレーバーになっているので非常に飲みやすいです。

 

体内に老廃物がたまるとニキビになるので、まずは食物繊維が豊富なベジパワープラスで体内からキレイにしていきましょう。

 



▶️【送料無料】ベジパワープラス1,000円

 

まとめ

 

妊娠中に小さなニキビ!肌荒れが酷い!おすすめの青汁は?

  • 妊娠中のニキビの原因はホルモンバランスや体の変化からだった!自分の悩みと改善方法を見つける事がニキビとサヨナラする近道です。
  • 肌トラブルはまずは皮膚科へ!!自分で解決しようとしないで、肌トラブルが起きたときは専門家に相談してストレスを溜めない事が大切です。
  • スキンケアは変化した身体に合わせましょう。身体の内外から変化しているこの時期は、スキンケア品を重視ではなく、身体重視で自分に合ったものを使い、摂取しましょう。
  • ベジパワープラスは妊婦さんも飲める!野菜を必要量とるのは大変・・頑張らないで、お手軽にベジパワープラスで栄養を取れば、ノンストレスです。

 

妊娠中はホルモンバランスによって体調やメンタルが大きく変わってきます。

 

体調が優れないときは無理をしないで、ゆっくり過ごす事が大切です。

 

頑張らない、専門家に頼るときは遠慮しないで頼り、食べられないときはサプリメントやドリンクで摂取するなどして、自分の体調と相談しながらマタニティライフを過ごしてくださいね!




  • この記事を書いた人
  • 最新記事
ゆっこ

ゆっこ

30代1児の母、ゆっこです^^ ナッツが好きすぎてこのブログを立ち上げました。 子育ての合間ではありますが「ナッツを通して健康になる」をモットーにナッツの素晴らしさや知って得する情報をお届けしたいと思います!

-女性の健康

Copyright© enjoy nuts life , 2020 All Rights Reserved.