ナッツ生活を楽しもう!

enjoy nuts life

生活のギモン

ささげと小豆の違いと見分け方は?赤飯はどっち?栄養・値段・味の違いは?

更新日:




 

ささげと小豆、見た目も大差はないように感じますが、実は奥が深いのです!

 

お赤飯にはどちらをつかう?

 

使い分ける意味は?

 

知っているようで、意外と知らないささげと小豆の違い。

 

使い分けがわかれば、もっと活かせる使い方ができるハズ!

 

ささげと小豆、それぞれの語源の差は?

 

ではそれぞれの語源の差を比べてみましょう。

 

ささげは日本では平安時代には、「大角豆」とよばれていました。

 

豆の角が角ばっていることからそう呼ばれました。

 

その後江戸時代は、赤いことから「紅豆」になり、「ささげ」となりました。

 

ささげの意味はいくつかあり、房が細いので「細々芽」と呼ぶようになった説や、サヤの先端が土の方に反り返る形が物を物を「捧げる」ように見えるため、「ささげ」と呼ばれるようになった説があります。

 

小豆の語源説は3つあります。

  1. 「あ」は赤い、「ずき」は溶けるという意味から、他の豆より早く柔らかくなるので、「小豆」と呼ばれるようになった説。
  2. 「あず」は崖崩れの意味から、煮崩れしやすいので「小豆」と呼ばれるようになった説。
  3. 江戸時代「赤粒木」から「小豆」と呼ばれるようになった説。

 

このように、「ささげ」と「小豆」の語源は「ささげ」はフサなどの見た目からの語源、「小豆」は漢字や言葉からの語源ということになります。

 

ささげと小豆の見た目の違い、具体的な見分け方は?

 

一見区別がつかないささげと小豆ですが、よく見ると違いがあります。

 

ささげは豆の色は赤紫色で、白くなっているヘソの部分の周りを囲うように、黒い輪のような模様があります。

 

この黒い輪のような模様が最大の見分けるポイントとなります。

 

小豆の色は、赤色でささげと同じく、白くなっているヘソがあります。

 

でも、小豆には黒い輪の模様はありません。

 

形を比較してみると、ささげより少し角ばっています。

 

またこの2つを並べてみると、よくわかるのですが、小豆の方がささげより艶があります。

 

というわけで、まとめると具体的な見分け方は、

  1. 白いヘソの周りに黒い模様があるかどうか?
  2. 全体の形は丸?角ばっているか?
  3. 艶があるのが小豆、ないのがささげ。

 

ということになります。

 

ささげと小豆の差は?栄養価の違い・味の違い・値段の違いは?

 

ささげと小豆の見た目の違いがわかったところで、次は内容を見ていきましょう。

 

栄養価

 

ささげ・小豆

  • タンパク質(アミノ酸となりエネルギーになる)
  • ビタミンB1(疲労回復)
  • ビタミンB2(皮膚や粘膜の機能維持)
  • ビタミンB6・ナイアシン(皮膚や粘膜の健康維持・脳神経を正常化)
  • パントテン酸(動脈硬化予防とストレス軽減)、葉酸(貧血防止)
  • ビタミンE(抗酸化ビタミン)
  • 不溶性食物繊維(便秘解消)

 

が含まれています。

 

どちらも含まれる栄養価は、ほぼ同じです。

 

ただ注目なのは、ささげの方が葉酸の量が2倍も多いのです。

 

葉酸といえば、貧血予防や、今は妊婦さんが積極的に摂取するサプリとしても、注目されています。

 

 

豆自体の味に差はありません。

 

ただ、餡子に料理した場合は小豆は、煮詰めるとちょうど良い煮崩れがおきて、粘りがある美味しい餡子ができます。

 

しかし、ささげの場合は同じように煮ても、煮崩れせず餡子の場合はパサパサしています。

 

料理によって使い分けるのがよいでしょう。

 

値段

 

ささげの方が、割高になっています。

 

これは生産量に関係しています。

 

やはり、小豆の方がお菓子やお料理と用途が多岐に渡るので、生産量も多くなっています。

 

そのため価格もささげより、安くなっています。

 

ささげと小豆、地域によって赤飯の作り方が違う?(関東はささげ・西日本は小豆)本当はどっちが正解?

 

ささげの赤飯以外のレシピはある?

 

ささげと小豆といえば赤飯ですよね。

 

しかし、どちらの豆を使用するか迷ったことはありませんか?

 

実は赤飯の豆は、地域によって違うのです。

 

江戸時代、赤飯を炊く際に小豆の皮が破れる事が、切腹をイメージするということで、縁起が悪いと武士の家ではささげを使用してたそうです。

 

その名残から関東では、ささげで赤飯を炊く風習があります。

 

西日本には、そういった風習はないので、小豆で赤飯を炊きます。

 

なので、どちらが正解ということもなく、お好みでいいかと思います!

 

小豆の赤飯

 

 

ささげの赤飯

 

 

ささげはお赤飯だけではありません。

 

ぜひ参考にしてみてください。

 

超簡単!ささげ豆とトマトのカレー☆

 

材料

  • 牛肉切り落とし   200g
  • ささげ豆      300g
  • トマト       中2個(350g)
  • 玉ねぎ       大1個(300g)
  • 市販のカレールー  1/2箱
  • サラダ油      大さじ1
  • 水         350g
  • 中濃ソース     大さじ1
  • トマトケチャップ  大さじ1

 

超簡単!ささげ豆とトマトのカレーの作り方

 

step
1
材料の準備→牛肉は一口大に切る。玉ねぎは半分に切ってヘタを切ってからスライスする。ささげ豆はヘタを取ってから斜めに細切り。

step
2
材料の準備→トマトは皮をむいてから、1cm角のさいの目切り。

step
3
材料をいためる→厚手の鍋にサラダ油を熱し、牛肉を炒める。色が変わってきたら、玉ねぎ、ささげ豆の順に炒める。

step
4
煮込む→全体的に火が通ってきたら、トマトを入れて、少し混ぜたら水を加えて20分ほど煮る。沸騰するまで強火、あとは中火。

step
5
煮込む→一旦火を止めてカレールウを入れ、溶かす。再び火にかけ、弱わめの中火で10分煮る。

step
6
煮込む→中濃ソースとトマトケチャップを加えてさらに弱火で5分煮る。

step
7
できあがりですが、一旦冷ましてから再び温めて食べる方が美味しいですよ。

 

コツ・ポイント

アクが出るので、沸騰したら必ず取り除いてください。

クックパーの「煮もの・煮込みすっきりシート」を使うと手間が省けるうえにカロリーダウンにもなりますよ。

 

https://cookpad.com/recipe

 

まとめ

 

ささげと小豆の違いと見分け方は?赤飯はどっち?栄養・値段・味の違いは?のまとめ

  • 小豆とささげの語源は、それぞれ違う!親戚のような豆でも、語源はそれぞれ違うところがおもしろいですね。
  • 小豆とささげの見た目の違いは意外と簡単!豆の部分が白いのはみんな知ってても、ささげは黒い輪の模様があるという特徴があって、今度見比べてみたいです。
  • 小豆とささげの栄養価は葉酸が大きく違う。妊婦さんや貧血が気になる女性にとっては、ささげは強い味方になりますね。
  • お赤飯の使う豆は、関東と西日本は違う!これは知りませんでした。関東の切腹をイメージするから、小豆を使わないとういのは、とてもおもしろいです。今でも名残があるとは、長い年月が経っているのにすごいなぁと思います。

 

ささげのカレーとても美味しいです!

 

赤飯以外でも、ささげも使い道がたくさんあります!

 

小豆は言わずと知れた、餡子にも使えますし、使い道はもともとたくさんありますので、今回はぜひ、ささげをお試しください!




  • この記事を書いた人
  • 最新記事
ゆっこ

ゆっこ

30代1児の母、ゆっこです^^ ナッツが好きすぎてこのブログを立ち上げました。 子育ての合間ではありますが「ナッツを通して健康になる」をモットーにナッツの素晴らしさや知って得する情報をお届けしたいと思います!

-生活のギモン

Copyright© enjoy nuts life , 2020 All Rights Reserved.