ナッツ生活を楽しもう!

enjoy nuts life

almond

アーモンドミルクは無添加・無糖でオーガニックなものを!市販製品の危険性とは?

更新日:




 

甘くて濃厚な口当たりのアーモンドミルクは、その美味しさから人気がありますよね。

 

栄養素もたっぷり含まれていることから、牛乳や豆乳に続いて「第三のミルク」とも呼ばれています。

 

しかし、その成分だけに気を取られないでください。

 

市販のアーモンドミルクの原材料名の箇所を見てみると、もともと含まれていないものが添加されていることが多いのです!

 

何のために添加されているのか?

 

健康にどのような影響があるのか?

 

気になりますね。

 

今回はアーモンドミルクに添加されているものについて、徹底解説していきます。

 

市販のアーモンドミルクで気をつけたい!乳化剤がもたらす人体の危険性とは?

 

乳化剤とは、水と油のような、本来そのままでは混ざることのないものを均一な状態に保つために使用されるものです。

 

均一にすることで、風味や食感なども改善します。

 

その他には、気泡効果で食感を軽いものに仕上げる、焼き菓子などでは型離れをよくする、などのために使用されることもあります。

 

アーモンドミルクに限らずよく目にする添加物ですが、人体にはどのような影響が懸念されるのでしょうか?

 

ごく少量摂った程度で、直ちに影響を及ぼすものではありません。

 

しかし、継続して極端な過剰摂取をした場合、腎機能の低下やカルシウム吸収抑制に働いてしまうこともあり、注意が必要です。

 

また、乳化剤として使用しているものが何の食材由来なのかにより、特定の食物アレルギーを持つ方、もしくはご家族に持っている方がいらっしゃる場合は気を付けなければなりません。

 

たとえば、乳化剤によく使われているレシチンは卵または大豆由来のものです。

 

卵や大豆にアレルギーのある方は、摂ることでアレルギー症状が出てしまう方もいらっしゃいます。

 

原材料表示をよく確認して購入するようにしましょう。

 

市販のアーモンドミルクで気をつけたい!増粘安定剤がもたらす人体の危険性とは?

 

では、続いて増粘安定剤について。

 

水に溶解・分散してその食品に粘性を持たせる添加物です。

 

少量で強い粘りを持たせたものは「増粘剤」、粘性を持たせることで食品中の成分を均一に安定させることが目的で使われている場合は「安定剤」と表示されます。

 

増粘安定剤によく使われているものとして、キサンタンガム、カラギナン、ペクチンなどがあります。

 

それぞれ原材料は天然由来のものが多いですが、原材料自体が農薬を使用しているものや遺伝子組み換え食品だったりすると、それらの影響が残留してしまうことがあります。

 

食品添加物の使用基準は国によって定められていますので、少量摂取しても人体に影響はありませんが、乳化剤と同様に継続して過剰摂取をしてしまうと、人工物ですので影響がないとは言えなくなってしまいます。

 

市販のアーモンドミルクで気をつけたい!人工甘味料がもたらす人体の危険性とは?

 

人工甘味料とは名前のとおり天然のものではなく、人工的に作られた甘味料を指します。

 

砂糖と比べると遜色ない甘味は感じられるものの低カロリーであるとして、砂糖の代替品として普及しています。

 

一見カロリーを摂取せずに甘いものが食べられるので良いことづくめのように感じられますが、実は体は「混乱」しています!

 

というのも、本来砂糖のように甘いものを食べると伴って血糖値が上がる…というのが通常の体のメカニズムです。

 

しかし、人工甘味料の場合甘いものを摂ったにも関わらず、前述のとおり低カロリーで、しかも人工物のため体に吸収・代謝されません。

 

甘いものを食べているのに血糖値が上がらないため、脳は混乱してさらに甘いものを欲してしまったり、空腹感が増してしまったりすることがあります。

 

結果的に、より多くのカロリーを摂取してしまうことにも…!

 

また、人工物のため人によっては体を冷やしたりお腹を壊したりしてしまう方もいらっしゃるようです。

 

無添加・無糖・オーガニックなアーモンドミルクは「エコミル」

 

以上のご説明から、乳化剤、増粘安定剤、人工甘味料などの添加物は、多少の摂取は問題ないにしても、日々習慣的に摂るものであれば、余計な添加物は入っていないものを選びたいですよね!

 

そんな安心・安全なアーモンドミルクなら、エコミルの有機アーモンドミルクがおすすめです!

 

 

このエコミルの有機アーモンドミルクを提供しているヌートリオプス社は、ヨーロッパの代替乳製品分野のトップランナーに位置し、原材料から全加工過程において厳格な管理体制を敷いています。

 

さらに、包装やリサイクルについても自然に配慮しており、大変エコロジーな会社なのです。

 

そんな会社から販売されているアーモンドミルクは、保存料・乳化剤・増粘安定剤・化学香料・人工甘味料不使用です

 

砂糖・塩分・油分も無添加!

 

スペインの国家的認定機関ENACの認証を受けた信頼できるオーガニック食品で、素材の味や栄養素をそのまま摂取することができるのです。

 

ココがおすすめ

アーモンドミルクは良質なたんぱく質を含み、体に良いとされる脂肪酸を含みながらもコレステロールはゼロ。

肌や体の抗酸化を防いでくれるビタミンEも豊富に含まれていますので、体の内側から健康的な美しさを期待することができます。

 

そんなアーモンドミルクの効果を、余計な成分は除いて摂取することができるのは、とても嬉しいですね!

 

風味や口当たりも良く、無添加ですので、美容や健康が気になる大人だけでなく、お年寄りや子どもも安心してお飲みになることができます。

 

>>今すぐにエコミルを見に行く!

 

 

アーモンドミルクを自家製でつくる場合はこちらの動画を参考にしてみてくださいね

アーモンドミルクは、そのまま飲んだり、牛乳や豆乳代わりに使用したりするなど使い方はさまざまです。

 

でも、これから暑い夏に向けて、ひんやりとしたデザートに仕上げるとより一層美味しく食べられるのではないでしょうか。

 

そんな方のために、アーモンドミルクを使ったお手軽アイスのレシピ動画をのせておきますね。

 

材料4つ シンプルな牛乳アイス |Milk ice cream kurashiru [クラシル]

(レシピは牛乳になっていますが、そのままアーモンドミルクに代えて作ってみてください!甘い濃厚な風味で病みつきになりますよ!)

 

まとめ

 

今回はアーモンドミルクの「安全性」に着目してご紹介しました。

 

普段あまり添加物について気にしていなかった方も、これをきっかけに意識していただけると嬉しいです。

 

自分の健康は、自分で賢く選択できるようにしたいですね。

 




  • この記事を書いた人
  • 最新記事
ゆっこ

ゆっこ

30代1児の母、ゆっこです^^ ナッツが好きすぎてこのブログを立ち上げました。 子育ての合間ではありますが「ナッツを通して健康になる」をモットーにナッツの素晴らしさや知って得する情報をお届けしたいと思います!

-almond

Copyright© enjoy nuts life , 2020 All Rights Reserved.