ナッツ生活を楽しもう!

enjoy nuts life

almond

アーモンドのポリフェノール含有量はどれくらい?美容効果に最適な食べ方は?

更新日:




 

アーモンドは美容に嬉しい効果満載で、美味しく健康的に取り入れたい食品ですよね。

 

その効果の中で、「ポリフェノール」というものが含まれているのを、ご存じでしたか?

 

ポリフェノールには、どんな健康効果があるのでしょうか?

 

効果的な食べ方や、ダイエット目的の場合のおすすめなど、あますことなくたくさんの情報をお届けしたいと思います!

 

アーモンドのポリフェノールはどこに含まれている?含有量はどれくらい?

 

アーモンドのポリフェノールは、どこに含まれているのでしょうか?

 

答えは、ずばり「薄皮」の部分にあるのです。食べる時に、何気なく剥いてしまっている方は、非常にもったいないことをしてしまっています!

 

今日から、アーモンドを食べる時はぜひ薄皮がついたままいただくことにしましょう。

 

後ほどご紹介するポリフェノールの健康効果を、たっぷり摂取することができますよ。

 

アーモンドに含まれるポリフェノールの含有量は、どの程度のものなのでしょうか?

 

とある研究結果によると、1食分(1オンス)のアーモンドには、ブロッコリー1カップ分のポリフェノールが含まれているとのこと。

 

1オンスとは、約28g。

 

アーモンド20粒程度に該当します。

 

ブロッコリー1カップ分が、約70g。

 

ブロッコリー100g当たりに、ポリフェノールは約35mg含まれているので…。

 

計算すると、約24.5mg程度のポリフェノールが含まれていることになります。

 

ポリフェノールの摂取量に関する情報としては、厚生労働省が定める「日本人の食事摂取基準」にも明記されていません。

 

要するに、摂取量の明確な基準は無いのです。

 

ですので、あまり量にはとらわれずに適量食べることをおすすめします。

 

適量については、「美容効果に最適な食べ方は?」の項で解説しますね!

 

ポリフェノールが美容にもたらす健康効果は?

 

では、ポリフェノールとはどのようなものなのでしょうか?

 

ポリフェノールは、アーモンドをはじめ野菜や果物などのほとんどの植物に存在する成分です。

 

植物が自身を紫外線から守るために作られているものなので、強い抗酸化作用があります。

 

お肌や体の酸化を防ぎ、若々しく健康的な美しさを保つ効果が期待できます。

 

ポリフェノールではありませが、アーモンドには同じく抗酸化作用も持つビタミンEも豊富に含まれていますから、その効果はダブルで私たちの体を守ってくれそうですね!

 

美容効果に最適な食べ方は?

 

せっかく美容効果の詰まったアーモンドですから、効果的に食べたいですよね。

 

ポリフェノールを最大限摂取するために薄皮ごと食べることをおすすめしましたが、その他にも意識して欲しい食べ方をご紹介しますね。

 

1日の摂取量を守る

 

アーモンドはポリフェノールだけではなくビタミンE、食物繊維やミネラルが豊富な健康食品ですが、実はエネルギーと脂質もかなり高い食品でもあるのです。

 

効果を取り入れたいからと食べたいだけ食べてしまうと、体重が増えてしまったり、肌の調子を悪くしてしまったり、健康的とは言えない結果になってしまいます…。

 

そのような事態を避けるため、適量食べるようにしましょう。

 

さきほどのポリフェノール含有量のところでも触れたように、1日20粒程度が望ましいでしょう。

 

20粒で、だいたいエネルギーは約120kcal。

 

3食の食事以外では1日200kcal程度の摂取に留めることが望ましいとされているので、ちょうど良い量になります。

 

食前もしくは食間に食べる

 

食べるタイミングですが、食事の直前か食間に食べると良いでしょう。

 

特に食前がおすすめ!

 

アーモンドは固く、噛み応えがあり、食物繊維も豊富です。

 

食前に食べると、噛む行為が脳にある満腹中枢を刺激し、食事の食べ過ぎを防いでくれる効果が期待できます。

 

食物繊維によりお腹の満足感もありますので、ぜひ試してみてくださいね。

 

食間も良いですが、それをきっかけにもっと食べてしまうようだったり、他のお菓子にも手が伸びてしまうようだったりするならばNG。

 

だらだら食べることは、ダイエットを考えている方であれば、一番やってはいけない食べ方です!

 

間食に摂る際は、その点に気を付けながら食べるようにしましょうね。

 

ダイエット目的で食べるアーモンドは無塩で素焼きが良い理由

 

アーモンドは、色々なタイプのものが売られています。

 

素焼き、生、アーモンドミルク、フレーバーや塩が添加されたもの、チョコレートでコーティングされたもの…どれも美味しく、買う時に迷ってしまいそうですね。

 

ダイエットの際にアーモンドを食べるのであれば、「素焼き(ロースト)」で「食塩無添加」のものを選びましょう。

 

素焼きタイプであれば、余計な油や調味料などが加えられることなくローストされていますから、アーモンドそのものだけの栄養素を摂取することができます。

 

また、習慣的に食べるのであればダイエットのためにエネルギーだけを気にするのは良くありません。

 

食塩添加タイプのものだと、1日の適量である20粒で約0.4gの食塩が含まれています。

 

一見大したことは無さそうに感じられますが、3食の食事でも食塩を摂取しているので、ここでは避けられるとより良いでしょう。

 

食塩の摂り過ぎは、高血圧や心疾患、脳卒中のリスクを高めます。日々食べるアーモンドは、無塩のものを選ぶようにしましょう。

 

最後に1つ、豆知識が増える動画をご紹介します。

 

アーモンドについてより知識が増えたと思いますが、アーモンドってどんな風に実っているか、その収穫方法はどんなものか、知っていますか?

 

実は意外と大きな実がなるんですよ!収穫方法も、ここで紹介されているものはとてもダイナミックです。ご興味のある方はぜひ動画を見てみてください↓↓

 

【カリフォルニア2010 Part 14/25】(株)デルタインターナショナル

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

 

アーモンドに含まれるポリフェノールは、健康と美容のためにぜひ摂っていきたいですね。

 

ただし、何事においてもバランスが大切です。

 

規則正しい生活と3食のしっかりした食事が基礎にあり、初めて効果が発揮されるものです。

 

これらを疎かにせず、適量を守って上手に取り入れてください。

 




  • この記事を書いた人
  • 最新記事
ゆっこ

ゆっこ

30代1児の母、ゆっこです^^ ナッツが好きすぎてこのブログを立ち上げました。 子育ての合間ではありますが「ナッツを通して健康になる」をモットーにナッツの素晴らしさや知って得する情報をお届けしたいと思います!

-almond

Copyright© enjoy nuts life , 2020 All Rights Reserved.