ナッツ生活を楽しもう!

enjoy nuts life

coconut

ココナツオイルと重曹で歯磨き粉が作れる?歯周病やホワイトニングにも効果が?

更新日:




 

今回ご紹介するのはココナッツオイルで作る無添加の歯磨き粉について。

 

人は食事と同じ回数歯磨きをします。

 

しかし市販の歯磨き粉には人体に悪影響を及ぼす恐れのある添加物が多く含まれております。

 

すぐに体に悪影響が出る訳ではありません。

 

けれど蓄積されて先々不調が出る可能性があります。

 

添加物は食品や化粧品など身近なものにも含まれているため、いざ体に不調が出てしまった時にどれが原因なのか特定するのは困難です。

 

毎日する歯磨きだからこそ安全なものを使いたいですよね。

 

市販の歯磨き粉に入っている添加物とは?

 

市販の歯磨き粉に入っている主な添加物は以下の通りです。

 

市販の歯磨き粉に入っている添加物

  • 研磨剤→汚れや色素沈着を落とす効果があります。大量に使ったり強い力で使用と歯の表面に傷がついてしまう原因となります。
  • 湿潤剤→歯磨き粉が固まるのを防ぎます。液体のような固体のような形状を保てるのは保湿剤のおかげです。
  • 発泡剤→歯ブラシで擦ることで泡を発生させます。磨いた気持ちが強くなりますが、発泡剤が入っていないものと洗浄効果に差はありません。
  • 粘結剤→歯磨き粉に含まれる液体と薬剤が分離しないようにする役割があります。
  • 香味在→その名の通り香り成分です。ほとんどが人工的に作り出した香りであり、ミントやハーブが本当に入っているものは少数です。
  • 薬用成分→虫歯や歯周病、口臭などを予防するための薬剤です。市販の歯磨き粉の90%以上に入っています。医療用のものである「医薬品」ではないので安全性が確認されたものではありません。
  • 保存料→防腐効果のある薬剤を入れることで歯磨き粉に雑菌が繁殖したり腐ったりするのを防ぎます。

 

ほとんどが聞きなれない片仮名の化学物質の名前で表記されています。

 

市販の歯磨き粉に入っている添加物の危険性とは?

市販の歯磨き粉に入っている添加物で注意したい化学物質とその危険性をご紹介します。

市販の歯磨き粉に入っている添加物と危険性

  • 酸化アルミニウム→研磨剤の一種で脳や神経系への毒性があります。
  • プロピレングリコール(PG)→石油が原料の湿潤剤。アレルギーを引き起こす疑いがあり、原液を取り扱う際には防護服の着用が必要です。
  • ラウリル硫酸Na→発泡剤として使用されてます。体内への吸収率が高く子宮や脳への悪影響、白内障を引き起こす可能性があります。
  • サッカリンナトリウム→香りづけ成分。発がん性の疑いがあります。
  • フッ素(モノフルオロリン酸ナトリウム)→薬用成分。虫歯を予防する効果がありますが長期的に使用すると神経毒と成り得る可能性があります。フッ素が子供のADHDや学習障害の原因であるという研究報告もあります。
  • トリクロサン→殺菌作用のある薬用成分。農薬としても使用され、甲状腺やホルモンに影響を与える可能性があります。
  • パラベン→保存料。発がん性の疑いがあります。

 

その他青色1号など着色料なども発がん性の疑いのある添加物です。

 

市販のものを使う場合は色のついてないシンプルなもの、添加物が少ないものを選びましょう。

 

それぞれは少量ならば体に影響はほぼありません。

 

しかし毎日使うことで体に成分が蓄積される可能性があります。

 

私たちの身の回りは添加物であふれています。例えばパラベンは化粧品や石鹸、シャンプーなどにも使用されていることが多いです。

 

お風呂に入ってスキンケアをするだけでも数回パラベンに触れるということになります。

 

将来なるべく不調が出ないよう添加物に触れる回数を減らす工夫が必要です。

 

オススメのココナツオイルはこちら↓

▶️安心の有機JAS認定品! ココナッツオイル オーガニック エキストラバージン ココナッツ オイル 

ココナツオイルと重曹で作る歯磨き粉の作り方は?

 

添加物フリーの歯磨き粉は市販では中々見つかりません。

 

しかしココナッツオイルと重曹を使えば手作りすることができます。

 

材料

 

食用の重曹小さじ1

 

ココナッツオイル(エクストラバージンなど純度の高いもの)小さじ2

 

遮光瓶(先が細くなっているものがおすすめ)

 

材料を良く混ぜて瓶に入れるだけです。

 

分離するのでよく振ってから使用しましょう。

 

歯ブラシに2~3滴垂らして使用をします。

 

当然泡はたちません。

 

歯と歯茎の間をマッサージするように優しくブラッシングします。

 

味は重曹の持つ塩味。

 

香りはそのままココナッツです。

 

小さなお子さんはちょっと苦手かも。

 

重曹が入っているからか洗い上がりはさっぱりしていて濯ぎやすい!

 

市販の歯磨きのように何度もすすいでも泡のぬるぬる感が取れないという事が無いので個人的には使いやすいです。

 

手作りのものは1週間を目安に使い切りましょう。

 

ココナツオイルはすすぐだけで歯周病やホワイトニングに効果アリ!

 

虫歯菌をはじめとする細菌のほとんどは脂肪膜を持っています。

 

細菌の持つ脂肪膜は油とくっつく性質があります。

 

抗菌作用のあるラウリン酸をもつココナッツオイルを使う事で口内の細菌を減らしたり色素沈着を浮かせる効果が期待できます。

 

ココナッツオイルやその他オイルを使って口をすすぎ、歯周病などを予防することをオイルプリングと言います。

 

オイルプリングのやり方

 

ココナッツオイル大匙1杯を口に含み全体に広げる。

 

布にココナッツオイルを染み込ませて歯全体に塗っても良いです。

 

15~20分待つ。

 

その間舌を使ってオイルを口の中で動かすと唾液が分泌されより細菌を減らす効果が上がります。

 

オイルを吐き出す。

 

細菌が含まれているので飲み込まず必ず吐き出しましょう。

 

ぬるま湯で口をゆすいだ後歯ブラシでブラッシングを行います。

 

ココナッツオイルの他にはごま油、ハーブ油、ヒマワリ油を使う事ができます。

 

食用には添加物が含まれている為オイルプリングには向きません。

 

純度の高いオイルを使用しましょう。

 

オイルプリングの動画はこちらで見られます。

 

 

オススメのココナツオイルはこちら↓

▶️安心の有機JAS認定品! ココナッツオイル オーガニック エキストラバージン ココナッツ オイル 

今すぐに他の良質のココナツオイルを探しに行く↓

 

投稿者はオイルプリングを行いながらシャワーを浴びたり犬の世話をしているそうです。

 

話している際に見える歯が綺麗!

 

オイルプリングの効果ですかね?

 

 

まとめ

 

・市販の歯磨き粉に含まれる添加物…湿潤剤、発泡剤、研磨剤、粘結剤、香味在、薬用成分、保存料、着色料など

 

・発がん性の疑いなどがあり注意したい添加物…酸化アルミニウム、PG、ラウリル硫酸Na、サッカリンナトリウム、フッ素、トリクロサン、パラベンなど

 

・無添加の歯磨き粉の作り方…食用の重曹小さじ1、ココナッツオイル(エクストラバージンなど純度の高いもの)小さじ2をよく混ぜて遮光瓶に入れておく。使用する際は歯ブラシに2~3滴垂らす。

 

・オイルプリングのやり方…ココナッツオイル大匙1を口に含み全体に広げる。15~20分程口に含んだままにして吐き出し、ぬるま湯ですすぎ歯ブラシで磨く

 

ココナッツオイルは犬や猫の歯にも使う事ができます。

 

少量のココナッツオイルを舐めさせ20分ほど待ちます。

 

口をすすがせて歯ブラシでブラッシングします。

 

行う前に十分な水分補給をしておいてください。

 

夏場の野外など暑すぎる場所で行うのには適しません。

 

自然の力だけで汚れを落とすことは人や動物、環境にも優しい行いです。

 

是非活用していきましょう。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
ゆっこ

ゆっこ

30代1児の母、ゆっこです^^ ナッツが好きすぎてこのブログを立ち上げました。 子育ての合間ではありますが「ナッツを通して健康になる」をモットーにナッツの素晴らしさや知って得する情報をお届けしたいと思います!

-coconut

Copyright© enjoy nuts life , 2020 All Rights Reserved.