ナッツ生活を楽しもう!

enjoy nuts life

peanuts tv program

【ジョブチューン】高血圧にピーナッツや酢?テレビで渡辺尚彦医師が伝授?血圧を下げる最強の方法 とは?

更新日:




 

本日ご紹介するのは【ジョブチューンの健康診断SP】。

 

ミスター血圧こと渡辺尚彦先生(高血圧療法の名医)が、高血圧のコントロール法や予防法などを紹介しました。

 

流石、名の知れている先生!

 

とても役に立つ内容で、誰でも手軽にできる方法を伝授してくれましたね〜

 

サイレントキラー!(SILENT KILLER)とは、
聞くだけでもぞっとする、かかりたくない病気。

 

これ、何のことだか解りますか?

 

実はこれ、高血圧のことなのです。

 

なぜサイレントキラーと呼ばれているのでしょうか?

 

高血圧になると、心不全や心筋梗塞などの合併症を引き起こすことが多くなります。

 

これらは、自覚症状がないまま突然襲ってくる病なので、とても恐ろしく厄介者です。

 

高血圧にならないよう予防をし、なってしまった後は確実にコントロールしたいですね!

 

今すぐに渡辺尚彦先生の本を見に行く↓

 

そもそも、高血圧って何ってどんな状態のこと?

 

高血圧は、最高血圧が140mmHg以上で最低血圧が90mmHg以上であるコンディションのことです。

 

自覚症状がないだけに、健康診断やドラッグストアなどに設けてある血圧測定で血圧を定期的にチェックするといいかもしれません。

 

高血圧の原因は何でしょう?

 

高血圧の原因は、主に2つあります。

 

1つ目は、塩分の取りすぎ。

 

人間の身体は常に水と塩のバランスを保っています。

 

簡単にいえば、塩の濃度が高いところには水が入ってきて薄める。

 

逆に、塩分の少ないところには塩が入ってきて、塩分濃度を高くする仕組みになってます。

 

例えば、血管中の塩分濃度が高くなった場合、水が血管の中に入り塩の濃度を低くする。

 

その時、血管内の水量が増えるので、血管の壁が圧迫されてしまう。

 

つまり、血圧が高くなるっということです。

 

残念ながら、歳をとると塩味の味覚が鈍くなるので、塩加減には十分気を付けて料理するといいですね。

(今思えば、小さいときに“おばあちゃんの味噌汁濃いっ!”と思た経験があるのは、きっとこのせいか^^;)

 

2つ目は、血管の収縮です。

 

これの原因は、飲酒、喫煙、生活習慣の乱れ、そして加齢

 

これらの原因により弾力のなくなった血管は狭くなり、血管内が圧迫されてしまう。

 

つまり、高血圧になるということです。飲酒と喫煙、生活習慣の乱れは自分でコントロールができるの物の、加齢はなぁ。。。

 

加齢と高血圧の関係

 

年齢が高くなるにつれて高血圧になる可能性が高くなそうで、40代20%、50代44%、60代61%、70代76%だそうです。

 

60代以降は、半分以上の人が高血圧になるって、かなりの確率です。

 

加齢“とともに、リスクが増すようですが、歳をとるのは変えられない事実なので、何とももどかしい気持ちにさせられます。

 

危険度チェック

 

数あるチェックリストの中から、話題になったのはリストの1番最初に記載されている‟朝食を食べない事がある“でした。

 

理由は、朝ご飯を食べず空腹でいると、血圧をコントロールしてる交感神経が緊張してしまい、血圧をあげてしまうそうです。

 

朝ご飯をしっかり食べるように育ったので、ほっと一息。

 

他に話題になったのは、〝10時間以上寝ることがある“。

 

理由ははっきりしていないらしいです。

 

補足で、10時間以上寝ると肥満になりやすいので、1日の睡眠は6〜7時間が良いと話していました。

 

高血圧患者に効果のあった食べ物。3つありますよ!

1つ目は、皮つきピーナッツを1日20粒。

 

37日間皮つきピーナッツを食べた実験の結果、上の血圧平均値が8mmHg下がったそうです。

 

理由は、皮つきがポイントで、ピーナッツの皮はポリフェノールが豊富だからだそうです。

 

ポリフェノールは、血管を広げる効果のあると言われているようですよ。

 

 

2つ目は、ぶどうジュース(100%)を朝昼晩20ml飲む。

 

これは、1週間の実験で4mmHg下がったそうです。

 

理由はこれも皮つきピーナッツと同じで、ぶどうジュースの成分ポリフェノールのおかげ。

 

ここで要注意。ジュースは必ず100%の物にしてください。

 

10%で実験したところ、効果はなかったようです。

 

100%ならどのメーカーでもいいので、ご自身の好きな物でいいそうです。

 

3つ目は、お酢を1日15ml。

 

理由は、お酢に含まれている酢酸が、血管を広げる効果があるからです。

 

18日間、朝起きた時に、お酢を飲んだ後の血圧が4mmHg下がったらしいです。

 

お酢の種類は何でもよし!

 

お酢には、様々な種類があるので、いろいろ試してみるといいですね。

 

スタジオでは、水で5倍に割ったものを試飲していました。

 

人気があったのは、ブルーベリー酢

 

 

みな様口をそろえて、美味しい言いながら飲んでいました。

 

レモン酢も好評でしたよ。

 

 

私は、リンゴ酢を常時使っています。

 

例えば、リンゴ酢を水と割って飲んだり、ドレッシング代わりに使ったりしています。

 

これも、なかなかいけますよ。

 

ブルーベリー酢も、ドレッシング代わりに使うとおいしいそうですね。

 

でも、寒くなってくるとサラダも冷たい飲み物も飲みたくなくなりますよね?

 

そこで、こんな素敵なお知らせです。

 

なんと、お酢の効果は熱を通しても変わらないそうなのです。

 

つまり、料理に使用してもオーケーということです。

 

例えば、炒め物に使ったりスーラータン麺を作ったりと、使用の幅が広がりますね!

 

以上の3つの中で、ご自身にあったものを選び、楽しみながら日常性に取り込めるといいですね^^

 

高血圧改善によい体操とは?

手足ぶらぶら体操

 

これは、手足をぶらぶらするだけの、簡単な運動術

 

これをするによって、筋肉を柔らかくして、血管を広げるそうです。

 

立ったままでもできるし、寝っ転がってやってもよしです。

 

渡辺先生が、床にひっくり返って手足をバタバタしてやり方を披露していました。

 

寝っ転がってやるなら、夜寝る前や朝ベットから出る前にやると、無理がなくできそうですね^^

 

渡辺尚彦先生のベストセラー【血圧を下げる最強の方法】を参考書として、テレビで紹介された方法を実践すると理解が更に深まると思います!

今すぐに渡辺尚彦先生の本を見に行く↓

 

まとめ

 

〜高血圧にならないための対策として且つ、より自然に高血圧をコントロールするために〜

 

テレビで紹介された3つの方法は

 

  • 皮つきピーナッツを1日20粒食べること
  • ぶどうジュース(100%)を朝昼晩20ml飲むこと
  • お酢を1日15mlのいづれかを日常生活に取り入れること

 

でした。

 

それに加えて、手足ぶらぶら体操を加えると、より効果的!

 

健康第一!いつまでも元気でいるために、高血圧と付き合い方についての知識をより深く得るとよいですね。




  • この記事を書いた人
  • 最新記事
ゆっこ

ゆっこ

30代1児の母、ゆっこです^^ ナッツが好きすぎてこのブログを立ち上げました。 子育ての合間ではありますが「ナッツを通して健康になる」をモットーにナッツの素晴らしさや知って得する情報をお届けしたいと思います!

-peanuts, tv program

Copyright© enjoy nuts life , 2020 All Rights Reserved.