気になるニュース

車の駐車枠にバイクは邪魔扱い?駐輪か駐車はどっち?判断基準は?



 

駐輪枠なのか駐車枠なのか。

 

バイクユーザーの方は、肩身の狭い思いをしたことが少なからずあるのではないでしょうか。

 

コンビニやスーパー、サービスエリアなどで駐輪場がない場所もありますよね。

 

車用の駐車枠しかない場合、あなたはどこにバイクを駐輪していますか?

 

建物の脇でしょうか、それとも駐車スペース?

 

邪魔にならないようにスペースを確保したいものですよね。

 

そこで、どこに停めるのがいいのか、迷ったときはどうすればいいのかを紹介します!

 

四輪車用の駐車枠にバイクはNG? 駐輪か駐車の判断基準はどっち?

 

バイクは駐輪か駐輪か、どっちに停めるのが正しいのでしょうか?

 

バイクには50cc以下の原動機付自転車(原付)、

51cc以上の 普通自動二輪車(普通二輪)・大型自動二輪車(大型二輪)に分けられます。

 

結論から言うと、バイクが駐車スペースに駐車するのは違反ではありません。

 

なぜなら日本の法律では、51cc以上のバイクは「自動車」に含まれるからです。

 

“日本の法律における「自動車」とは、道路交通法第2条第1項第9号によると「原動機を用い、かつ、レール又は架線によらないで運転する車であつて、原動機付自転車、自転車及び身体障害者用の車いす並びに歩行補助車その他の小型の車で政令で定めるもの(以下「歩行補助車等」という。)以外のもの」とされています。”
出典:くるまのニュース

 

51cc以上のバイクは自動車に含まれるため、駐車場を使うのが正解です。

 

一方、50cc以下の原動機付自転車(原付)の場合は、駐輪場を使うのが正解なんです。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

安田大サーカスHIRO(@supahirokun)がシェアした投稿

 

ゆっこ
私がアルバイトしていた杉並区の銭湯でも、50cc以下の場合は駐輪場・51cc以上の場合は駐車場を案内していました。

 

四輪車用の駐車枠に停めていいのかダメなのか、どっちか悩んだときは51cc以上は四輪車用でも停められることを覚えておくと便利です。

 

バイクユーザーが駐車場所に困惑する場面は?

 

51cc以上のバイクが駐車スペースを使っても良いと知っていても、迷う場合がありますよね。

駐輪場があるが、満車の場合

駐車場しかなく、混雑している場合

駐輪場はないが、建物と駐車場の間が広い場合

などです。

 

駐輪場のスペースが設けられている場合は、駐輪場を使用する人がほとんどだと思います。

 

しかし、その駐輪スペースが満車の場合は、どこに停めるのか迷いますよね。

 

また、そもそも駐輪場が設置されていないこともあります。

 

しかし、建物と駐車場の間が広くバイクが停められそうな場合や駐車場も混雑している場合は、駐車スペースを使うのに抵抗がありませんか?

 

その解決方法を紹介します!

 

モラルがない?トラブルになるケースとは?

 

駐車場のスペースは車を停めるためのものと考えているドライバーは多いです。

 

そのため、駐車場にバイクを停めたことでトラブルになった人もいます。

 

自動車を運転している人は、駐車場にバイクが停まっていることを想定していないため、空いていると思いこみ接触事故を起こしてしまったり、喧嘩に発展してしまったり、ということも考えられます。

 

トラブルを避けるためには、以下のことを注意しましょう。

事前に駐輪スペースがあるか、インターネットや電話で確認しておく。

駐輪場が満車の場合は、空くのを待つか別のパーキングを使う。

駐車場しかない場合は、駐車場を管理している人に確認する。

 

法律上は51cc以上のバイクを駐車場に停めても良いとされています。

 

しかし、駐車場を使うことで自動車が停められるスペースが減ることも考える必要があります。

 

そのため事前に駐輪場がないか、駐車場を使用してもいいかを確認しておきましょう。

 

バイクの駐車場を探すには、以下のサイトがおすすめです。

 

 

クルマ・バイクどちらのユーザーも相手の立場になって考えることは重要

 

バイクも駐車場に停めて良いことが分かりましたが、クルマ・バイクともに双方の立場に立って考えることが大事だと言えます。

 

駐車場の空き待ちの車をすり抜けたバイクが、先に駐車場を使ってしまった場合。

 

トラブルになることが目に見えて分かりますよね。

 

クルマユーザーは、駐車場でのバイクの扱いを知っておく必要があります。

 

51cc以上のバイクは、駐車スペースを使用できる。

 

1台につき1スペース必要。

 

また、バイクユーザーも事前に駐輪場があるか確認したり、車と同じように駐車待ちの列に並んだり、トラブルにならないように努めましょう。

 

まとめ

 

バイクは大きく分けて3種類あります。

 

1. 50cc以下の原動機付自転車

2. 400cc以上の大型自動二輪車

3. 51cc以上399cc以下の普通自動二輪車

 

このうち、駐車場に停められるのは、51cc以上の普通自動二輪車と大型自動二輪車です。

 

普通自動二輪車と大型自動二輪車は法律上、自動車に含まれています。

 

そのため、駐車場を使う場合は1台につき、1つのスペースが必要です。

 

スペースがあるからといって、複数を1つのスペース内に停めるのは違反とされています。

 

ただし、駐輪スペースがあるときは、駐輪スペースに停めるようにしましょう。

 

バイクを停めるスペースが設置されている場所は少ないため、インターネットや電話などで駐輪スペースがあるか確認しておきましょう。

 

【関連記事】

>>ドライブレコーダーを警察は嫌がる?交通違反や裁判の証拠能力はどれくらい?

OTHER TOPICS 〜その他のトピックス〜

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ゆっこ

30代1児の母、ゆっこです^^ このブログ「ナッツライフ」は、ナッツに関する情報をメインに、 美容に関すること・女性の健康に関することなど、 その時々に興味を持ったことを自由に書きながら情報を発信しています。

-気になるニュース

© 2022 enjoy nuts life