pistachio nut

ピスタチオが殻付きのまま売られている理由は?殻付きの食べ方も紹介

おやつや料理など万能食材で、ナッツの女王とも呼ばれているピスタチオ

 

そのピスタチオが殻付きで販売されている理由をご存知でしょうか?

 

スーパーなどで売られている他のナッツ類は、殻がむいてあるものがほとんどですよね。

 

ピスタチオが殻付きの理由。

 

それは、他のナッツ類に比べて殻が簡単に割れることと、ピスタチオが湿気に弱いからです。

 

ピスタチオの特徴について詳しく見ていきましょう。

 

ピスタチオが殻付きで売られているのはなぜ?

なぜピスタチオは殻付きで販売されているのかというと、殻が簡単に割れること湿気に弱いことを理由にあげています。

 

そのことについて、2018724日にTBSの「この差って何ですか?」にて詳しく解説されていたので紹介します。

 

 

ココがポイント

ピスタチオがなぜ殻付きで販売されているかについて、1つ目の理由は殻が簡単にむけるからです。

 

スーパーなどで売られているピスタチオの殻は、ほとんどむけている状態で簡単に殻がむけますよね。

 

実は、食べごろになるとピスタチオの殻は自然に割れるんです。

 

殻を割るための専用の器械があるクルミなどと違って、比較的簡単に殻がむけるピスタチオ。

 

ココがポイント

2つ目の理由は、ピスタチオが湿気に弱いからです。

 

ピスタチオには、「オレイン酸」や「リノール酸」が含まれています。

 

この「オレイン酸」や「リノール酸」は、血液をサラサラにする特徴を持っていますが、湿度60を越えると酸化してしまう性質があります。

 

そのため、湿度の高い日本では、ピスタチオは殻付きで売られているんです。

 

気象庁が発表している2018年の平均湿度は54%~86でした。

 

参考

 

なおアメリカやオーストラリアなどの湿度が低い国では、殻をむいた状態で販売されています。

 

ペーストにしたりすぐに調理に使うものは殻をむいて輸入することもありますが、基本的に店頭で販売されるのは殻付きのものというわけなんです。

 

ピスタチオの殻付きの食べ方

殻付きのピスタチオの食べ方は、手で殻をむくだけですが、まれに割れ目が小さく殻がむき辛い場合があります。

 

そんなときは、他の殻を使って割れ目を広げると簡単に割ることができます。

 

爪を使うと爪が欠ける原因になるので、簡単にむけないときは無理をしないほうが良いです。

 

ゆっこ
実際に、私も割れにくいピスタチオを無理矢理爪で割ろうと横着した結果、内出血したことがあります。しばらく爪がジンジンして痛くて、日常生活にも支障をきたしていました。

 

 

そのため、ジェルネイルをしているかたや、ジェルネイルをするために爪を伸ばしているかたには、ナッツ類の殻を割る器械を使うのがおすすめです。

 

 

下村工業 ぎんなん割り

下村工業 フルベジ ぎんなん割り FV-608

リーズナブルな値段で、ピスタチオを挟んでハンドルを握るだけで簡単に殻が割れます。

 

 

アンウェンク ナッツクランカー

アンウェンク Anwenk ナッツクラッカー ケース付
オニグルミ・和ぐるみが割れるくるみ割り器Nutcracker-A1032
【オールステンレス/くるみ割り/オニグルミ/和ぐるみ
/カシグルミ/ヒメグルミ/胡桃/
殻の硬いクルミや梅干しの種、銀杏が割れる】【動画】

 

値段は張りますが、くるみや銀杏、梅干しの種など応用が利くので、一台あれば非常に便利なアイテムです。

 

殻付きピスタチオをの、殻がなかなかむけないときの食べ方は、割れ目に他の殻を挟むかナッツ割り器を使うのがおすすめです。

 

また、ピスタチオを使って料理をする場合など大量に殻をむくときにも、ナッツの殻割り器があれば爪に負担をかけずにすみます。

 

割れ目の小さいピスタチオ以外にも、殻の固いナッツ類の殻を割ることができるので、ナッツが好きなかたは1台持っていて損はないと思います。

 

また、ピスタチオには茶色の薄皮がついていますが、ピスタチオの薄皮は食物繊維が含まれているのでむかずに食べるのがおすすめです。

 

ココに注意

注意点としては、ピスタチオの殻にはアフラトキシンという猛毒のカビが付着していることがあります。

 

発ガン性物質であるアフラトキシンは、日本では輸入の際に入念な検査がなされていて、すぐに健康被害を受けるようなものはありませんが、気になる人は紫色の部分があるピスタチオ避けたほうが無難です。

 

アフラトキシンについて、東京都福祉保健局の掲載内容。

 

 

まとめ

 

ナッツの女王と呼ばれているピスタチオがなぜ、スーパーなどで殻付きで販売されているかまとめました。

 

主な理由は2つあります。

 

  • 簡単に殻がむけるから
  • 湿気に弱いから

 

もし割れ目が小さく簡単に割れないピスタチオがあった場合は、他の殻を使って割れ目を広げるとむきやすくなります。

 

爪を使うと、爪が欠けたり内出血したりする可能性があるので、なるべく控えましょう。

 

ジェルネイルをしているかたや爪を伸ばしているかたには、ナッツ割り器を使うのがおすすめです。

 

銀杏やクルミなど他のナッツにも利用できるので1台持っていて損はありません。

 

ピスタチオを食べるときの注意点は、1日に大量摂取しないこと紫色のアフラトキシンに気をつけることです。

 

健康や美容に良いとされているピスタチオですが、脂質も多く食べ過ぎる太やすく肌荒れを引き起こすこともあります

 

また、輸入時にチェックされているアフラトキシンがたまに付着していることがあります。

 

微量であれば、直ちに健康被害を受けるようなものではありませんが、気になる場合は紫色になっているものは省いたほうが良いでしょう。

 

ピスタチオについて、参考にしてみてください。

OTHER TOPICS 〜その他のトピックス〜

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ゆっこ

30代1児の母、ゆっこです^^ このブログ「ナッツライフ」は、ナッツに関する情報をメインに、 美容に関すること・女性の健康に関することなど、 その時々に興味を持ったことを自由に書きながら情報を発信しています。

-pistachio nut

© 2022 enjoy nuts life