ナッツ生活を楽しもう!

enjoy nuts life

Tigernuts

タイガーナッツの糖質量やカロリーは?糖質制限ダイエット向き?効果的な摂り方は?

更新日:




 

タイガーナッツって、美容やダイエットに関心が高い人は知っているかもしれませんが、アーモンドやくるみなどに比べると知名度は低いですよね。

 

ここ最近では「スーパーフード」として、メディアに取り上げられる存在となりましたが、まだまだ知らない人も多いのが事実。

 

そこで、今回はそんなタイガーナッツを「ダイエットに最適か?」の観点から改めて調べてみようと思います!

 

  • 糖質量やカロリー
  • 他のナッツとの比較、栄養価
  • ダイエットの不向き
  • 効果的な摂取方法

 

という観点で解説します。

 

最後まで読んで頂けますと嬉しいです。

 

タイガーナッツの糖質量は高い?100g当たりの糖質やカロリーは?

 

初めに、タイガーナッツの糖質量について解説します。

 

タイガーナッツの糖質量(炭水化物)は100g当たり30gといわれています。

 

100g当たり30gの糖質(炭水化物)ってどれくらいなのでしょう。

 

参考までに、コンビニのおにぎりと比較してみましょう。

 

コンビニのおにぎりの糖質量は100g当たり39gといわれています。

 

つまり、タイガーナッツの糖質量はおおよそコンビニおにぎりの1個分より少ないくらいであることがわかりますね。

 

次にカロリーについてみてみましょう。

 

タイガーナッツのカロリーはおおよそ100g当たり400Kcal程度です。

 

これも、参考までにコンビニおにぎりと比較してみましょう。

 

コンビニおにぎりのカロリーは、100gあたり190Kcalといわれています。

 

比較してみると、タイガーナッツのカロリーのほうが2倍ほど高いですね。

 

糖質量はコンビニのおにぎりと同じくらいなのに、カロリーが倍ほどあるのはどういうことなのでしょう。

 

一般的に炭水化物(カロリー)=糖質+食物繊維で決まるといわれています。

 

つまり、タイガーナッツはコンビニのおにぎりと比較して食物繊維が豊富であると推測できます。

 

実際にコンビニのおにぎりが食物繊維0.7gしか含まれないのに対して、タイガーナッツは食物繊維が100g当たり30gも含まれています。

 

食物繊維30gというとキャベツが100g当たり2g程度ですので、おおよそキャベツの15倍含まれていることになります。

 

タイガーナッツはカロリーが高い分、食物繊維も豊富なことがわかりますね。

 

ナッツの糖質比較!タイガーナッツの糖質量はナッツの中でどれくらい?

 

タイガーナッツと普通のナッツの糖質量について比較してみます。

 

今回はナッツの中でも普段なじみの高いナッツと比較してみました。

 

名称

糖質量(100g当たり)

タイガーナッツ

30g

アーモンド

10

カシューナッツ

30

マカダミアナッツ

5.4

ピーナッツ

12.7g

ジャイアントコーン

68

 

いかがでしょう。

 

タイガーナッツは他のナッツと比較して、糖質量が高いことがわかりますね。

 

おおよそカシューナッツと同程度の糖質になります。

 

また、ピーナッツの3倍弱と思うと、とても糖質量が高く感じますね。

 

ちなみにタイガーナッツはナッツという名称がつきますが、ナッツの仲間ではありません。

 

タイガーナッツは実は野菜の仲間のようです。食物繊維が多いのもうなずけますね

 

3.タイガーナッツの栄養価と健康効果は?

 

タイガーナッツの栄養価について解説します。

 

タイガーナッツには豊富な食物繊維が含まれている事は説明しましたが、他にもたくさんの栄養が詰まっています。

 

具体的には、リン、カリウム、マグネシウム、ビタミンEなどのミネラルが豊富に含まれていています。

 

●リン:骨や歯を作るために重要な栄養素でエネルギーを生み出すためにも重要な栄養素

 

●カリウム:血圧上昇を抑える役割や筋肉や心筋の働きを正常にする役割

 

●マグネシウム:心拍や血圧を正常に保つ役割

 

●ビタミンE:強力な抗酸化作用を持つといわれており若返りに有効

 

スーパーフードというだけあって、栄養素がぎっしり詰まっていますね。

 

では具体的にこれらの栄養成分が体にどんな良いことがあるのかについて解説します。

 

血圧上昇を防止

タイガーナッツに含まれるカリウムは体の血圧上昇を防ぐのに効果的です。

 

血圧上昇を防ぐには体内から塩分を排出するのが重要となります。

 

カリウムを摂取することで、体の中にある細胞内外の体液の浸透圧を一定にする仕組みが働き、塩分(ナトリウム)を体外へ排出することができるのです。

 

便秘改善

タイガーナッツには豊富な食物繊維が含まれており、便秘改善が期待できます。

さらにタイガーナッツに含まれる食物繊維は不溶性の食物繊維といわれており、腸を刺激して、腸内にたまった不要な老廃物を排出してくれる効果があります。

 

アンチエイジング

タイガーナッツに豊富に含まれるビタミンEは若返りに効果的です。

 

ビタミンEは体内の活性酸素から体を守る役割をしてくれます。

 

活性酸素は、体内に入り込んだ細菌を駆除してくれる効果があり、体にうれしい半面、その威力が強すぎて細胞にダメージを与えてしまうのです。

 

その働きをビタミンEで少しおさえて体を守ることで、老化を防いでくれます。

 

タイガーナッツで糖質制限ダイエットするのに向いている人は?効果的な摂取方法は?

 

タイガーナッツで糖質制限ダイエットをするのが向いている人はどんな人でしょう。

 

わたしは、どうしても糖分が我慢できないという方だと思います。

 

タイガーナッツは糖分を多く含む一方、食物繊維も含まれているからです。

 

そのため、胃に満腹感を与え全体的な食べる量を減らすことが期待できます。

 

さらに、食物繊維は腸内での脂肪の吸収を抑える役割もありますので、食前に食べるとより効果的です。

 

もちろん、糖質を食べずにダイエットを続けられる方は、そのほうがベターです。

 

しかし、どうしても糖分を食べたいというのであれば、タイガーナッツでその欲求を抑えるのが良いでしょう。

 

次にタイガーナッツの効果的な摂取方法について解説します。

 

摂取時間について

食事をする20~30分前に、タイガーナッツを摂取するのがダイエットには効果的です。

 

タイガーナッツは食物繊維が多く含まれていますので、食前に食べることで胃に満腹感を与え、食事の量を抑えることができるからです。

 

摂取量について

タイガーナッツの摂取量は5~10粒程度としてください。

 

タイガーナッツ8粒で一日に必要なビタミンEを摂取できるといわれていますので、8粒前後がベストでしょう。

 

逆にタイガーナッツの過剰摂取は控えてください。

 

食物繊維を過剰に取ってしまうと、腹痛を引き起こす可能性があるためです。

 

タイガーナッツのおすすめの摂取方法

そのまま食べる

勉強中や仕事中など小腹がすいたときにさくっと食べられるので便利ですよね。

 

摂取量を守って食べましょう!

 

オルチャータ

タイガーナッツといえばオルチャータというほど有名ではないでしょうか。

 

作り方は簡単で水に浸してミキサーにかけるだけです。朝食など時間がない時にぴったりです。

 

(オルチャータの作り方)

 

ヨーグルトやアイスと一緒に

朝食にヨーグルトを食べる方はタイガーナッツをプラスしてみるのはどうでしょう。

 

また、デザート代わりにアイスと食べるのもありです。

 

アイスにタイガーナッツの触感がプラスされてよいのではないでしょうか。

 

まとめ

今流行りのタイガーナッツについて、糖質量やカロリー、他のナッツとの比較、栄養価、ダイエットの不向き、効果的な摂取方法という観点で解説しました。

 

ダイエットをされている方は、食事制限がとても大変ですよね〜

 

我慢して我慢して、お菓子や甘いものをドカ食いしてしまうのであれば、タイガーナッツで欲求を抑えてみてはどうでしょうか!

 

食物繊維が多く、満腹感を感じられるので、ダイエット中でもあまり罪悪感なく食べられそうですよ。

 

興味がある方は、ぜひ一度試してみてくださいね^^

 




  • この記事を書いた人
  • 最新記事
ゆっこ

ゆっこ

30代1児の母、ゆっこです^^ ナッツが好きすぎてこのブログを立ち上げました。 子育ての合間ではありますが「ナッツを通して健康になる」をモットーにナッツの素晴らしさや知って得する情報をお届けしたいと思います!

-Tigernuts

Copyright© enjoy nuts life , 2020 All Rights Reserved.