ナッツ生活を楽しもう!

enjoy nuts life

Walnut

くるみは安眠と潤いのナッツ!脳の活性化も期待できる?

更新日:




 

最近眠りが浅いと感じている皆さん!

 

くるみが安眠に良いとご存知ですか?

 

忙しい現代、日本人の20%が慢性的な睡眠不足に陥っていると言われています。

 

睡眠が不足すると心の不調、肌荒れ、集中力の低下などを引き起こし人生の充実度が下がってしまいます。

 

生きていく上で睡眠は必要不可欠。

 

せっかくならば熟睡し、朝はスッキリと起きたいものですね。

 

くるみが安眠によい理由とは?

くるみのタンパク質に眠気を誘う物質が含まれる

 

眠りはじめてから2~3時間以内に深い睡眠に入ることができるとすっきり感が高まると言われています。

 

それにはスムーズな入眠が必要不可欠です。

 

くるみが持つたんぱく質には「トリプトファン」というアミノ酸が含まれています。

 

トリプトファンはセロトニンというホルモンに変化し、眠気を誘うメラトニンを作り出します。

 

メラトニンに変化するまで時間がかかりますので、朝食やおやつとしての間食の際にくるみを取り入れるとより効果を実感できます。

 

体内時計を調整して起床を促す

 

通常生物は明るくなると目を覚まし、暗くなると眠りにつくように設定されています。

 

しかし現代はスマートフォンなどの光の刺激が多く体内時計が狂いがちです。

 

メラトニンは体内時計を調整し、光が当たると目を冷ますように体に働きかけます。

 

遮光カーテンを使っている人は少しだけ隙間を空けて体が光を感じられるようにすると良いでしょう。

 

冷えやむくみを解消して不快を解消、眠りやすい体に

 

冷えは体を緊張状態にして深い眠りに入るのを妨げます。

 

むくんでいる状態は体のだるさが気になり中々寝付けません。

 

くるみには冷えやむくみを解消する効果が見込め、眠りに入りやすい体質に整えてくれる作用があります。

 

肌に潤いを与えるくるみの成分とは?

くるみに含まれる良質な油(オメガ‐3脂肪酸)が肌を滑らかにする

 

良質な油分を摂る事で良質な皮脂が分泌されます。

 

皮脂には水分や栄養を外に逃がさず保つ効果があり、クルミを摂り続けることでふっくらした瑞々しい肌へと生まれ変わります。

 

ビタミンB6が肌を強くし刺激から守る

 

皮膚や粘膜、免疫機能を維持するビタミンB6。

 

摂り続けることで皮膚のバリア機能が強化され雑菌などの刺激を受けても肌が荒れにくくなります。

 

免疫機能が向上することに寄ってアレルギーの症状を和らげる効果があるとも言われています。

 

アレルギー性の湿疹などが出にくくなることでかゆみによる引っかき傷や不快感も防ぐことができます。

 

ビタミンEが血流を改善し明るい肌に。アンチエイジング効果も。

 

血液をサラサラにする効果のあるビタミンE。

 

血管のつまりを改善し隅々まで血液が流れることで肌が明るくなります。

 

新鮮な血液が供給されることによって皮膚の細胞が生き生きとし再生機能が高まりアンチエイジング効果が生まれます。

 

脳の活性化を促すくるみの成分とは?

 

くるみの持つ不飽和脂肪酸には脳を活性化する効果があります。

 

不飽和脂肪酸には数種類あり、くるみが持つのはオメガ-3脂肪酸というものです。

 

血管のつまりや、冷えによって血流が悪くなると脳に十分な血液が行き届かなくなり集中力の低下に繋がります。

 

オメガ‐3脂肪酸はコレステロールに働きかけ血液をサラサラにする効果があり、必要な酸素や糖が脳に行き届くようになります。

 

それによって脳が活性化し認知機能や集中力の向上、記憶力のアップに繋がります。

 

脳が糖分をたくさん使うことによりエネルギー代謝が良くなり、自然と痩せやすい体になるともいわれています。

 

オメガ脂肪酸には抗酸化作用も持っています。

 

脳の酸化や炎症を防ぎアルツハイマー病の発症や進行を留めてくれます。

 

くるみは血管の弾力性を改善し動脈硬化予防も!

 

外に放置して劣化したホースに水を流すと水圧に負けてホースが破れることがあります。

 

固くなった血管が脳卒中を起こす状態はそれと似ています。

 

血流の流れを改善するだけでなく血管自体を修復しなければ動脈硬化は防ぐことができません。

 

血管が硬くなる大きな原因は2つ

 

「酸化したコレステロール」と「血球などが血管の内壁にふちゃくすること」

 

酸化したコレステロールはドロドロ血液を作り出し、血流を鈍くするだけでなく詰まりやすくなります。

 

血流が鈍くなることで押し出す力が弱まり血管の内壁に白血球や赤血球が付着しやすい状態になります。

 

結果血管が細くなったり、不純物が酸化して血管が硬くなっていきます。

 

くるみの持つオメガ脂肪酸には血中のコレステロールを一定に保ち、余分なものを排除する効果があります。

 

ビタミンEは血液をサラサラし、血流をアップさせることでつまりを押し流します。

 

抗酸化作用とビタミンEの再生力を高める効果によって血管が柔らかく、破れにくい状態にしてくれます。

 

それによって動脈硬化や脳梗塞・脳卒中などのリスクを下げることができます。

 

これらの効果は青魚に含まれる油と一緒に摂ることでさらに効果が上がると研究報告があります。

 

体に良い栄養素が沢山含んだくるみですが、正しい食べ方・正しい量を守らなければ体に悪影響を及ぼします。

 

1日に推奨される量20~30粒程度。約10粒ほどが目安です。

 

毎日食べる方が体に良いですが、生のクルミをそのまま食べ続けるのは避けましょう。

 

生のクルミには体の不調を引き起こす恐れがあるアブシシン酸が含まれているからです。

 

体の不具合については下記の動画で詳しく紹介されています。

 

 

ローストした物を選ぶことでアブシシン酸が除去され、ナッツ本来の栄養素を摂ることができます。

 

まとめ

 

・安眠に良い理由とは→眠りを促す成分の元になるトリプトファンが含まれているため

 

・体内時計を改善し日光ですっきりめざめやすくなる、冷えやむくみを改善することで入眠しやすい体になるなどの効果も。

 

・肌に潤いを与える成分→肌を滑らかにするオメガ-3脂肪酸、肌を強くするビタミンB6 、アンチエイジング効果のあるビタミンE 。

 

・脳を活性以下する成分→オメガ-3脂肪酸とビタミンE 。血流が改善されることにより脳に必要な酸素や栄養素が行きわたる。

 

睡眠や脳の活性化には呼吸も深く関わっています。

 

集中したい時には深く深呼吸を行い脳に十分な酸素を行きわたらせましょう。

 

眠りの前は深い呼吸を意識することが大切です。

 

目を閉じて5秒吸って2秒止めて10秒吐くを繰り返しましょう。

 

呼吸に集中することによって余計な事を考えず力を抜くことができ、自然な眠りへ入りやすくなります。

 

体を横にして沢山息を吸うだけでも休息状態になっているので、すぐに眠れなくても焦ることはありません。

 

睡眠と栄養は生命維持に欠かせないものです。

 

くるみはその2つを良質なものへと導くスーパーフードです。

 

今、眠れなくて悩んでいる人は生活にくるみを取り入れた自分姿を想像してみましょう。

 

1か月後、または1年後には良い状態になっているはず。

 

幸せなイメージを持つこともリラックスに繋がります。

 




  • この記事を書いた人
  • 最新記事
ゆっこ

ゆっこ

30代1児の母、ゆっこです^^ ナッツが好きすぎてこのブログを立ち上げました。 子育ての合間ではありますが「ナッツを通して健康になる」をモットーにナッツの素晴らしさや知って得する情報をお届けしたいと思います!

-Walnut

Copyright© enjoy nuts life , 2020 All Rights Reserved.